スクリプトプロパティを管理する


スクリプトには、スクリプトの使用方法に影響するグローバル設定があります。

  1. [管理] をクリック
  2. コンタクトセンターの下のスクリプトをクリックします。
  3. スクリプトの名前をクリックしてください。
  4. ツールバーのをクリックします スクリプト > ; スクリプトのプロパティスクリプトメニュースクリプトプロパティ
  5. 必要に応じてスクリプトのプロパティを編集します。

このプロパティを有効にすると、スクリプトは変数および連絡フォームコンポーネントで使用するために連絡先リストから列を読み取ることができます。キャンペーンにスクリプトを使用するには、キャンペーンを編集してスクリプトを選択する必要があります。

  • 連絡先リスト 連絡先リストをスクリプトに関連付けます。この関連付けにより、スクリプトは連絡先リスト内の列を読み取ることができます。これにより、それらの列を変数として使用できます。
  • 連絡先データロードアクション 実行時に連絡先リストが読み込まれた後に実行されるアクションを指定します。

スクリプトの送信連絡先リスト設定を有効にした結果

連絡先フォームのアイコン A 連絡先リストフォーム アイコンがコンポーネントツールバーに表示されます。このアイコンをクリックすると、選択した連絡先リスト テーブルの各列に対応する、縦方向に並べられたコントロール リストが挿入されます。詳細については、 連絡先リストフォーム
連絡先の列の変数の画像

クリックしたとき 変数を選択 コンポーネント(テキストボックスなど)を変数にバインドするために、変数のリストには連絡先リストの列と手動で定義したカスタム変数が含まれています。変数にはアウトバウンドの接頭辞が含まれます。例えば: Outbound.FirstName。列名の接尾辞は連絡先リストの列名に基づいています。

コンポーネントを連絡先列変数にバインドすることで、エージェントが収集または更新した情報で連絡先リストを更新するフォームを作成できます。

スクリプトに別の連絡先リストを割り当てるときは注意が必要です。

連絡先リストがスクリプトに割り当てられると、スクリプト内の連絡先列の実行時の値を次のようにして表示できます。 変数名を中括弧で囲む。たとえば、テキストコンポーネントに連絡先列変数の名前が含まれている場合、スクリプトは各アウトバウンド連絡先の名を表示することがあります。

Hello {{Outbound.First Name}},

プレビューモードでは、プレビューモードでは連絡先リストからデータが読み込まれないため、変数名は角括弧で囲まれて表示されます。

Hello [Outbound.First Name]

連絡先列変数を使用する場合は、スクリプトに割り当てられている連絡先リストを変更するときに注意してください。新しい連絡先リストに同じ名前の列が含まれていない場合、スクリプトは値を表示できません。プレビューモードで角括弧ではなく中括弧で変数名が表示される場合は、変数にアクセスできず、割り当てられた連絡先リストの列と一致するように変数名を変更する必要があります。ただし、中括弧は常に編集モードで表示されます。

スクリプトのInboundプロパティを有効にすると、Architectコールフローでそれを選択できます。どの呼び出しフローでもスクリプトを呼び出して対話をスクリーンポップすることができます。ただし、Architectコールフローがスクリプトに情報を渡す必要がある場合、スクリプト内の変数はコールフロー内の変数と同じデータ型を持つ必要があります。

Architectがスクリプトに制御を渡すと、システムはコールフロー内の変数の値を対応するスクリプト変数に割り当てます。割り当ては、スクリーンポップが発生する前に行われます。このプロセスを設定するには、スクリプト設計者とコールフロー設計者が変数に関する情報を交換する必要があります。

この手法の例は、Architectチュートリアルにドキュメント化されています。 上級レッスン:スクリーンポップスクリプトを作成してそれをコールフローに追加する

スクリプトのCallbackプロパティを有効にすると、ArchitectコールフローでCreate Callbackアクションを実行してスクリプトを選択できます。

Chatプロパティを有効にすると、Web チャットインタラクションでスクリプトを使用できます。Chatプロパティは、を介して渡された変数へのスクリプトアクセスを許可します。 Web チャットWeb チャットを設定している場合は、会議室IDやカスタマー名など、カスタマーの名前を尋ねるようにします。

を設定 チャットインタラクション用のキューのデフォルトスクリプト エージェントがWeb チャットインタラクション中にスクリプトを使用できるようにします。

Emailプロパティを有効にすると、Eメールのやり取りでスクリプトを使用できます。Emailプロパティは、カスタマーのEメールアドレスとEメールの件名の変数へのスクリプトアクセスをスクリプトに許可します。

を設定 Eメールインタラクション用のキューのデフォルトスクリプト エージェントがEメールのやり取り中にスクリプトを使用できるようにします。

スクリプトは、データアクションまたはブリッジアクションが使用可能な任意のデータソースからデータを照会できます。アクションをサポートするすべてのスクリプト化コンポーネントは、 データアクション.データアクションの実行 外部インタフェースに必要な入力を渡し、オプションとして出力変数で返されるデータを受信します。データ アクションの詳細については、, 見る 外部データを使用するスクリプトを有効にする。

ユーザー間情報(UUI)は、あるアプリケーションから別のアプリケーションへの呼び出しとは無関係のデータを交換または受け渡ししています。スクリプトはUUIデータ交換をサポートし、UUIデータをUUI.UUIData変数に格納します。スクリプトは、UUI.Updateアクションを使用してUUIデータを更新することもできます。UUIデータを使用するには、 ユーザーからユーザー情報への設定を有効にする あなたのトランクに。