ダイヤルモードによるキャンペーンのプロパティ

この表はダイヤルモードによってキャンペーンの設定可能な特性をリストしたものです:

プロパティ 目的 エージェントなし パワー プレディクティブ プレビュー プログレッシブ
放棄率 キャンペーンに許可されている放棄呼の最大割合。
エージェント スクリプト エージェントがコールを処理している間に書いた言葉と論理。
プレビュー コールのスキップを許可 エージェントがプレビュー連絡先を迂回できるかどうか。
コール応答 キャンペーンが生きている人、留守番電話などにどう反応するか。
C操作可能 時間設定 タイムゾーン名のセットと呼び出し時はそれぞれに対して発生する可能性があります。
発信者ID名 連絡先に表示される発信者IDの名前。
発信者番号電話番号 連絡先に表示される発信者IDの電話番号。
キャンペーン名 キャンペーンの名前各キャンペーンは、アウトバウンドダイヤリングに所定の方法で個人のリストに連絡する方法を指示する設定のコレクションです。
連絡先リスト ダイヤルするキャンペーンの連絡先のリスト。
連絡先リストの番号 このキャンペーンがダイヤルする連絡先リストの電話番号列。
ダイヤル グループ キャンペーンをEdgeグループまたはサイトに関連付けます。
ダイヤリング モード 発信通話に使用される方法。
事業部 部門は、同じ権限を持つ人に異なるリソースへのアクセス権を付与するために使用される管理者定義のカテゴリです。キャンペーンを管理するには、Dialer管理者がキャンペーンと同じ部門に属している必要があります。
DNC リスト 連絡先リストにそれらの番号が含まれている場合でも、このキャンペーンがダイヤルしない電話番号を含むテーブル。
Edge グループ タイラインや長距離ラインなどのリソースを共有できるエッジのグループにキャンペーンを関連付けます。
プレビュー タイマーを有効化 連絡先を自動的にダイヤルする前に、各エージェントに連絡先レコードのプレビューを一定時間許可するかどうか。タイマーがオフになっていると、ダイヤルが行われる前に、エージェントはどれだけの時間でも連絡先レコードをプレビューできます。プレビュー時間の期間はキャンペーンごとに設定可能です。
アウトバウンド回線の数 キャンペーンで消費できる最大行数。
キュー キャンペーンに参加しているエージェント
ルール セット ルール セットにより、キャンペーン レコードの処理に自動化が適用されます。
サイト キャンペーンを一連の電話、Edgeデバイス、またはその2つの組み合わせの自宅に関連付けます。
連絡先リストの並べ替え キャンペーンの開始時またはリサイクル時に連絡先リストの列で並べ替えます。
連絡先リストのフィルター キャンペーンの開始時に連絡先リストフィルタを適用して、フィルタに一致する連絡先にダイヤルを制限します。