このアクションは、タスクエディタのツールボックスのCustomer Secured Dataメニューで利用可能です。 ボットフローを除くすべてのフロータイプでこのアクションを使用します。

インタラクションやワークフローの参加者には、属性を割り当てることができます。 属性はコール フローを通じて移動するオブジェクトに関する情報の一部です。 例えば、インタラクションオブジェクトの属性の1つに、インタラクションを開始した人の電話番号や電子メールがあります。 各属性は名前と変数のペアです。 属性を取得するには、その名前と属性に割り当てたい文字列変数を指定します。 

顧客保護されたデータ

Genesys Cloud内のすべてのデータは転送時および静止時に暗号化されますが、お客様は独自の暗号化キーで属性を暗号化することも可能です。 この機能により、お客様は、フローオーケストレーションで必要とされるあらゆる機密データに適用する、より多くの暗号化制御を利用することができます。

この機能を有効にするには、お客様は会話用にAWS KMS対称鍵を設定する必要があります。 詳細については、Use AWS KMS symmetric key for conversations をご覧ください。

メモ: 
  • 属性では大文字と小文字が区別されます。 既存の属性をフローの別の部分で使用する場合は、元の属性のケースと一致させるようにします。
  • You cannot assign secured customer data in a Set Screen Pop action.

タスクでGet Secured Dataアクションを使用する場合、インタラクションまたはワークフロー参加者から取得する属性を設定します。

アクション 説明と使用

名前

アクションに意味のある名前を入力します。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。

検索する属性を追加

このボタンをクリックすると、属性の名前と値のペア設定が追加されます。 複数の属性(「参加者データ」)を1回のSet Secured Dataアクションで作成し、保存することができます。

属性名

属性に名前を付けます。 属性名は文字列リテラルであり、空白のままではいけない(empty)。 この名前は、値を取得するGet Secured Dataアクションに、まさに コピーされなければならない。

割り当てる値

属性(会話データ)値は、文字列リテラル、または組み込みの呼び出し変数、フロー変数、または作成したタスク変数などの式です。 リテラル エディターまたは式エディターを使用して、属性に文字列、変数、または式の値を割り当てます。 

成功、失敗、および出力パスを定義する

名前 説明
成功

このパスは アクションが外部エンドポイントと正常に通信し、結果を受け取ったこと。 

相互作用を実行するルートに従う成功パスの下に適切なアクションをドラッグします。 例えば、連絡先情報を表示するスクリーンポップ、音声プロンプト、適切な担当者への転送、または企業のコールフローやボットフローの設計に従ったアクションの組み合わせなどです。

注意: 完了したSuccessパスは、処理中にエラーが発生しなかったことを示します。 受信したデータが意図した結果または機能であるかどうかの尺度ではありません。

失敗

このパスは、アクションの実行中にエラーが発生したこと、またはデータアクションの結果処理中に問題が発生したことを示します。  

適切なアクションをFailureパスの下にドラッグして、やり取りする経路を指示します。 例えば、アクションが成功しなかったことを示すオーディオの再生アクション、発信者を支援するためにエージェントまたは担当者への転送アクションなど。  

 メモ:   ネットワークで接続の問題が発生した場合、このアクションは自動的にこの失敗経路をたどります。