スクリプト変数を追加する


どのスクリプトページからでも変数を追加できます。新しい変数を追加するときは、変数のタイプを選択して、オプションでデフォルト値を割り当てます。

  1. スクリプトが認識している変数のリストを開くには、 変数 ] タブ。

    図は、[変数] タブのコンテンツを示しています。

  2. クリック 変数を追加 .

    図は、新しい変数を追加するボタンを示しています

  3. 変数に格納する値の型を選択します。

    図は、変数のデータ タイプを示しています

  4. 変数名、説明、および既定値を入力します。

  5. 文字列、数値、およびtrue / false変数は 入力 そして 出力 スクリプトの外部でデータを共有する方法を決定するプロパティ。これらのプロパティについては、 入力変数と出力変数

    1. オプションで有効にする 出力プロパティ その値をスクリプトの外部で使用するために保存する必要があることを示すこの変数は、スクリプトの実行時にその値が外部ストレージに出力されるため、出力変数です。

    2. オプションで有効にする 入力プロパティ その値をArchitectコールフローなどの外部ソースから割り当てることができることを示す。この変数は、その値が外部ソースから入力されるため、入力変数です。

  6. 適用するをクリックします。