中かっこを使用してスクリプト内の変数値を表示する


スクリプトページに変数の現在の値を表示したり、アクション内で使用したりするには、変数名を2組の中括弧で囲みます。 こんにちは、 {{Outbound.First Name}}

この手法は次のような場合に便利です。

  • 連絡先列から派生した変数を含む、任意の変数の現在の値を表示します。

  • 変数に累積された合計およびその他の値を表示します。

  • エージェントがスクリプトの物語に読み込めるように、変数の値を埋め込みます。

ページに変数の現在の値を表示するには

テキスト入力コンポーネントをページに追加してから入力する {{variable name}}、交換 変数名 スクリプトで定義されている任意の変数の名前。スクリプトでOutboundプロパティが有効になっている場合は、連絡先列の値も表示できます。

例:

という変数があるとします。 購入した商品 顧客が購入した製品の名前が含まれています。また、アウトバウンドスクリプトに顧客の名前と購入した製品を表示させる必要があります。顧客の姓名は連絡先リストの列に格納されています ファーストネーム そして 苗字

連絡先の列名が変数として表示されると、「アウトバウンド」が先頭に追加されます。そのため、連絡先列に対応する変数の名前は アウトバウンド。ファーストネーム そして アウトバウンド、ラストネーム それぞれ。

ここで何をすべきかです:

  1. スクリプトページにテキスト入力コンポーネントを追加します。

  2. タイプ こんにちは、 {{Outbound.First Name}}、 {{Outbound.Last Name}}。お買い上げありがとうございます {{Product Purchased}}。

  3. クリック プレビュー。の現在の値 購入した商品 が表示されます。

    プレビュー変数の外観

    プレビューモードでは、連絡先リストの変数は有効なデータ要素を表すために角かっこ内に表示されます。実行時に、連絡先の姓名が連絡先リストから取得されて表示されます。

  4. クリック プレビュー 編集モードに戻ります。

スクリプトに別の連絡先リストを割り当てるときは注意が必要です。

連絡先リストがスクリプトに割り当てられると、スクリプト内の連絡先列の実行時の値を次のようにして表示できます。 変数名を中括弧で囲む。たとえば、テキストコンポーネントに連絡先列変数の名前が含まれている場合、スクリプトは各アウトバウンド連絡先の名を表示することがあります。

Hello {{Outbound.First Name}},

プレビューモードでは、プレビューモードでは連絡先リストからデータが読み込まれないため、変数名は角括弧で囲まれて表示されます。

Hello [Outbound.First Name]

連絡先列変数を使用する場合は、スクリプトに割り当てられている連絡先リストを変更するときに注意してください。新しい連絡先リストに同じ名前の列が含まれていない場合、スクリプトは値を表示できません。プレビューモードで角括弧ではなく中括弧で変数名が表示される場合は、変数にアクセスできず、割り当てられた連絡先リストの列と一致するように変数名を変更する必要があります。ただし、中括弧は常に編集モードで表示されます。