スクリプトをプレビューする


スクリプトがエージェントにどのように見えるかをシミュレートするには、次の手順を実行します。

  1. クリック プレビュースクリプト.

    before-preview2

    プレビューモードでは、ツールバー、サイドバー、およびプロパティは表示されません。コンポーネントと対話する場合は、その機能を実行するか、実行時アクションを説明するメッセージがエディターに表示されます。

    たとえば、ボタンをクリックすると、 スクリプトの変更 ページのアクション別のページに移動すると、そのリンク先ページがプレビューモードで開きます。

    図は、別のページに移動するために設定されたボタンを示します

    図 2 ページのタイトル ページを示します

    プレビューが操作の結果をシミュレートできない場合、エディタは実行時に何が起こるかを記述します。たとえば、ボタンをクリックした Outbound.Set ステージアクションによってステージ名が設定され、プレビューに「ステージは次のように設定されます。あなたのステージ名」このようなメッセージは、エディタがプレビューモードでアクションを直接表示できない場合のそのコンポーネントの実行時の動作を説明します。

    スクリプトに連絡先リストの列にバインドされている入力コンポーネントが含まれている場合、プレビューモードでは連絡先リストから実際にデータが読み取られないため、エディタに列名が表示されます。

    連絡先リストフォームは、編集モードでは次のようになります。

    図は、編集モードの連絡先リストを示しています。

    プレビューモードでは、同じ連絡先リストフォームは次のようになります。

    図は、プレビュー モードにある連絡先リストを示しています。

    変数 同様にレンダリングします。通常の編集モードでは、コンポーネントにバインドされているか、波括弧を使ってページに埋め込まれているかにかかわらず、変数名を表示することができます。

    図は、編集モードでの変数の外観を示しています。

    クリック プレビュースクリプト. プレビューモードでは、変数の値が表示されます。

    注意: プレビューモードでは、次の変数が偽のプレビューデータを表示します。 「エージェントコール開始時刻」、「エージェントコール期間」、「カスタマーコール開始時刻」、および「カスタマーコール期間」。 実行時に、これらの変数は実数値を含みます。

    図は、プレビュー モードでの変数の外観を示しています。

  2. スクリプトの編集を再開するには、をクリックしてください。 プレビュースクリプト 再び。