スクリプトを連絡先リストに関連付ける


アウトバウンド propertyは、送信スクリプトをキャンペーンの連絡先リストに関連付けるので、スクリプトエディタは連絡先リストの列にアクセスできます。このプロパティを有効にすると、スクリプトはアウトバウンドダイヤルキャンペーンによる使用を目的としていることを意味します。

  1. クリック 管理者

  2. コンタクトセンタークリック スクリプト

  3. スクリプトの名前をクリックしてスクリプトエディタで開きます。

  4. クリック スクリプト 落ちる。

    図はScriptsドロップダウンを示しています。

  5. クリック スクリプトのプロパティ

    スクリプトメニュースクリプトプロパティ

  6. スクリプトのプロパティパネルが表示されます。クリック アウトバウンド プロパティグループ

  7. スイッチをクリックして 有効 ポジション。

  8. 連絡先リストを選択。

    図は、連絡先リストを選択するために使うドロップダウン リストを示しています

  9. クリック スクリプト もう一度ドロップダウンします。

    図はScriptsドロップダウンを示しています。

  10. クリック 保存する

スクリプトの送信連絡先リスト設定を有効にした結果

スクリプトをアウトバウンドキャンペーンの連絡先リストに関連付けると、次のように変わります。

連絡先フォームのアイコン 交流無傷のリストフォーム アイコンがコンポーネントツールバーに表示されます。このアイコンをクリックすると、選択した連絡先リスト テーブルの各列に対応する、縦方向に並べられたコントロール リストが挿入されます。詳細については、 連絡先リストフォーム
連絡先の列の変数の画像

クリックしたとき 変数を選択 コンポーネント(テキストボックスなど)を変数にバインドするために、変数のリストには連絡先リストの列と手動で定義したカスタム変数が含まれています。変数にはアウトバウンドの接頭辞が含まれます。例えば:Outbound.FirstName。列名の接尾辞は連絡先リストの列名に基づいています。

コンポーネントを連絡先列変数にバインドすることで、エージェントが収集または更新した情報で連絡先リストを更新するフォームを作成できます。

スクリプトに別の連絡先リストを割り当てるときは注意が必要です。

連絡先リストがスクリプトに割り当てられると、スクリプト内の連絡先列の実行時の値を次のようにして表示できます。 変数名を中括弧で囲む。たとえば、テキストコンポーネントに連絡先列変数の名前が含まれている場合、スクリプトは各アウトバウンド連絡先の名を表示することがあります。

Hello {{Outbound.First Name}},

プレビューモードでは、プレビューモードでは連絡先リストからデータが読み込まれないため、変数名は角括弧で囲まれて表示されます。

Hello [Outbound.First Name]

連絡先列変数を使用する場合は、スクリプトに割り当てられている連絡先リストを変更するときに注意してください。新しい連絡先リストに同じ名前の列が含まれていない場合、スクリプトは値を表示できません。プレビューモードで角括弧ではなく中括弧で変数名が表示される場合は、変数にアクセスできず、割り当てられた連絡先リストの列と一致するように変数名を変更する必要があります。ただし、中括弧は常に編集モードで表示されます。