アウトバウンド プレビュー コールを発信


プレビューでダイヤルモード、番号をダイヤルする前に、連絡先に関する情報が表示されます。連絡先に関する情報を確認したら、連絡先の電話番号をダイヤルするか、次の連絡先に進むことができます。一度接続すると、スクリプトに従い対話を処理します。

アウトバウンドプレビューのコールを配置するには :

  1. ステータス一覧から、キュー中を選択します。ルーティングプレビュースクリーンポップアップを受信すると、スクリプトは連絡先に関する情報を表示します。

  2. 表示された情報をプレビューしたら、[コール開始をクリックします。システムがあなたに代わって、連絡先の電話番号をダイヤルします。コールのステータスが、[コンタクト中] から [インタラクション中] に変わります。リモートパーティーが応答すると、ステータスが [接続済み] に変わります。

    図では、エージェントは、ダイアルしたいダイヤル プレビュー連絡先を示しています。

  3. スクリプトの指示に応じてインタラクションを処理します。オプションで、コールに関するメモを入力します。

  4. 通話が終了したら、選択します ラップアップコードを選択

    図は、エージェントがインタラクションにラップアップ コードを割り当てたいときに押されたボタンを示しています。

    注意:[後処理] オプションが表示されない場合は、[メモ] アイコンをクリックします。 図は、後処理オプションを表示または非表示するトグル ボタンを示しています

  5. 通話結果を最もよく識別するラップアップ コード選択します。

    図は、 ラップアップ コード選択を示しています。

  6. キューのステータスを再開し、次のアウトバウンドプレビューコールを待つには、 完成です.

    図は、エージェントが次のインタラクションを待つために押すボタンを示しています