アウトバウンド放棄コール


アウトバウンドキャンペーンには2種類の放棄呼があります。

  • 真の放棄注:連絡先は電話に応答しますが、システムがその通話を使用可能なエージェントに転送する前に電話を切ります。
  • コンプライアンス放棄:連絡先はコールに応答しますが、システムは設定された内の利用可能なエージェントにコールをルーティングしません コンプライアンス放棄しきい値 (デフォルトは2秒です)。一部の地域では、特定の法律へのコンプライアンスを測定するためにCompliance Abandonを使用しています。

放棄キャンペーン(発信)は、発信キャンペーンが次の場合に発生する可能性があります。

  • エージェントの使用率を最大化するために、利用可能なエージェントごとに複数のコールを発信します。エージェントが電話を受けることができるようになるまで、キャンペーンはいくつかの連絡先を保持します。実際には、連絡先が待たずに電話を切ることがあります。エージェントに到達するために設定されたコンプライアンス放棄しきい値を超えるコールは、コンタクトが最終的にエージェントに到達するまでコールに留まっていても放棄コールとしてカウントされます。
  • 自動ダイヤルモード(エージェントレス、電源、予測、またはプログレッシブ)のいずれかを使用して電話をかけます。エージェントはキューに代わってプレビューコールおよび発信コールを発信するため、これらのコールは放棄コールとしてカウントされません。

キャンペーンダッシュボードビュー 両方のタイプの放棄呼に関するメトリックを提供します。

この表は、2秒間のコンプライアンス放棄しきい値でTrue AbandonまたはCompliance Abandon、あるいはその両方の呼び出しが発生するアウトバウンドキャンペーンのシナリオを示しています。

アウトバウンドキャンペーンのシナリオ 真の放棄 コンプライアンス放棄
コールは2秒でライブエージェントに接続します。 いいえ いいえ
エージェントが応答するまで、通話は5秒間待機します。 いいえ はい
通話は5秒間待機し、その後連絡先は電話を切ります。 はい はい
通話は1秒間待機し、その後連絡先は電話を切ります。 はい いいえ