エージェントがキャンペーンのコールをどのように処理するのか。


エージェントがアウトバウンドコールを受信したとき:

  1. キャンペーンに関連付けられたスクリプトによって、エージェントの画面に、通話、取引先責任者、およびキャンペーンに関する情報が表示される。そのアクションをスクリーンポップと呼びます。

    キャンペーンの ダイヤルモード、連絡先は既に接続されているか、またはエージェントが発信呼び出しを行う前に取引先担当者レコードを確認できます。プレビュー モードでは、エージェントは連絡先をスキップできます。

  2. エージェントは、スクリプトの指示に従います。

  3. コールが終了すると、エージェントはリストから1つのラップアップコードを選択することによって、レポート用にコール結果を分類します。管理者は、 \"作成された販売 \" や \"関心のない \" など、各キャンペーンのラップアップコードを定義します。エージェントは後処理を完了すると、応答可能のステータスに戻ります。

    エージェントまたはシステムは、すべてのアウトバウンド呼び出しを処置して、何が起こったかを示します。たとえば、発信ダイヤリングシステムによって、失敗したコンタクト試行 (ビジー、無応答、および 座って). アウトバウンド ダイヤリング レポートには、コールの処分データがまとめられています。