Idアクションによるユーザーの検索


同上の作用により検索ユーザーは、あなたが参照することができますPureCloud動的にユーザーをとIVRでの文字列に基づいてそれらを見つけるランタイム 。このアクションは、データアクションまたはデータテーブルルックアップアクションと共に使用します。例えば、検索ユーザーからIDをデータ アクションおよび取得するためにIDアクションによってユーザーの検索にそれを渡しユーザー参照を。次に、参照されたユーザーの情報を使用します 転送アクション

注意:最大50人のユーザーを検索できます。アクションは最初の50人のユーザーを検索しますが、 NOT_SET 最大数を超えるものについては。たとえば、75人のユーザーのリストを送信すると、システムは最初の50人を処理し、 NOT_SET 残りの25人のユーザー。

ツールボックスから、展開します 見つける カテゴリーとドラッグ IDでユーザーを検索 適切に行動場所でタスクエディタ。

名前 説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。ここで入力するラベルとなるタスク シーケンスに表示されるアクションの名前。
ユーザーID 入力ユーザー IDまたはユーザーを見つけコレクション式を。例えば、 MakeList(“ 5B943B5F-4205-B70F-8BE1-A245A94B2919”、ToString(NOT_SET))。でランタイム 、 Architect行い、 指定したユーザーを検索ます。
ユーザー結果

システムが完全一致を検出すると、ここで指定した変数にユーザーの値が返されます。その後、フローの他の領域でコレクション変数を使用できます。

このフィールドの内容は、ユーザーIDフィールドを介して渡されたユーザーIDコレクションの順序と一致します。たとえば、インデックス1のユーザー結果は、インデックス1のユーザー IDと一致します。同様に、インデックス2のユーザー結果は、インデックス2のユーザー IDと一致します。

見つかったパス、部分的に見つかったパス、見つからないパスを構成する

名前 説明
見つかる

このパスは そのArchitectは、組織内のすべてのユーザーを見つけました。 

適切なアクションをFoundパスにドラッグして、インタラクションに必要なルートをたどります。たとえば、転送アクション。

注意:[ユーザー結果]フィールドは、フローが検出されたパスまたは部分的に検出されたパスに従う場合にのみ入力されます。

部分的に見つかった

このパスは、 Architectがコレクション内の一部のユーザーのみを見つけたことを示します。

適切なアクションをドラッグします インタラクションに必要なルートをたどるように、部分的に見つかったパス。たとえば、 ACDアクションへの転送

注意[ユーザー結果]フィールドは、フローが[見つかった]または[部分的に見つかった]パスをたどる場合にのみ入力されます。 見つからないユーザーIDの場合、システムは NOT_SET 値。

見つかりません

このパスは、 Architectが一致するユーザーを見つけられなかったことを示します。[ユーザー結果]設定で指定した変数は変更されません。

適切なアクションをNot Foundパスにドラッグして、インタラクションに必要なルートをたどります。例えば、 自動返信を送信する または アクションを転送する メインメニューへ。

注意:フローがNot Foundパスをたどる場合、User Resultsフィールドは表示されません。