IDアクションによるユーザーの検索


IDによるユーザーは、あなたが参照することができます検索ユーザー動的かつそれが見つけユーザー IVRでの文字列IDに基づいて、 ランタイム 。このアクションは、データアクションまたはデータテーブルルックアップアクションと共に使用します。例えば、取得ユーザーからID データ アクションおよび取得するためにIDアクションによってユーザーの検索にそれを渡しユーザーの参照を。次に、参照されているユーザー情報を 転送アクション

ツールボックスから、展開します 見つける カテゴリーとドラッグ IDでユーザーを検索 適切に行動場所でタスクエディタ。

名前 説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。ここで入力するラベルとなるタスク シーケンスに表示されるアクションの名前。
ユーザーID ユーザーを見つけるユーザー IDを入力します。例えば、 「289a802d-d6d5-4bfa-bbef-b80f60b0bc85」。でランタイム 、 Architect行い、 検索指定のためのユーザー 。システムが完全に一致するものを見つけると、 ユーザー値を返します。
ユーザー結果

システムはユーザー値を受け取ると、ここで指定した変数にその値を保存します。その後、フローの他の領域で変数を使用できます。

見つかったパスと見つからなかったパスを設定する

名前 説明
見つかる

このパスは そのArchitectは組織内のユーザー 。 

適切なアクションをFoundパスにドラッグして、インタラクションに必要なルートをたどります。たとえば、転送アクション。

注意:[ユーザー結果]フィールドは、フローが検出パスをたどる場合にのみ入力されます。

見つかりません

このパスは、 Architectが一致するユーザー見つけられなかったことを示します。

適切なアクションをNot Foundパスにドラッグして、インタラクションに必要なルートをたどります。例えば、 自動返信を送信する または アクションを転送する メインメニューへ。

注意:フローがNot Foundパスをたどる場合、User Resultフィールドは入力されません。