Eメールルーティングのシナリオ

前提条件
  • Genesys Cloud CX 2、Genesys Cloud CX 2 Digital、Genesys Cloud CX 3、またはGenesys Cloud CX 3 Digitalのライセンス。
  • Routing > Email > Manage permission

    Eメールルーティングにはさまざまな設定オプションがあります。 管理者は、組織のニーズに最も適した方法を選択する必要があります。 この記事では、最も一般的なシナリオの手順について説明します。 Eメールルーティングの詳細については、 ACD メールについてルーティング

    メモ: 

    あなた自身のドメインとEメールアドレスを使ってEメールを送る

    使用したい既存のEメールアドレスがすでにある場合は、次の2つのオプションのいずれかを選択してください。 

    オプション    説明 説明書
    電子メールルーティングのためにGenesys Cloudにドメインを登録します。

    既存の電子メールドメインと電子メールアドレスを使用するには、 PureCloudのドメインまたはサブドメインを確認して、電子メールのルーティングを処理します。 たとえば、サブドメイン support.customer.com 顧客がに電子メールを送信できるようにします help@support.customer.com。 また、 エージェントはメールを受信し、から送信される返信の下書きを作成できます help@support.customer.com

     メモ:   このオプションは、既存のEメールアドレスがサブドメインを使用している場合に最適です。例えば、 。

    このプロセスの詳細な手順については、 組織のEメールドメイン名を使用する シリーズ。
    電子メールルーティングのためにGenesys Cloudにドメインを登録します。 登録メッセージを受信ドメインにリダイレクトします。

    (上級) この方法を使用して、メッセージを登録済みのEメールドメインにリダイレクトすることにより、すべてのインバウンドEメールメッセージのコピーを自分のEメールシステムに保存します。

     メモ:   このオプションは、既存のEメールアドレスがサブドメインを使用していない場合に最適です(たとえば、 )または、すべての受信メッセージのコピーをメールサーバーに保存します。

    このプロセスの詳細な手順については、 ドメインを登録して受信メッセージをリダイレクトする

    myPureCloud.comドメインを使用してEメールを送受信する

    mypurecloudドメインを使用してEメールを送受信するには、以下のいずれかのオプションを選択してください。 

    オプション    説明 説明書
    myPureCloud.comドメインと直接Eメールを送受信します。

    この方法を使用すると、顧客が送信した電子メールメッセージを アカウント名 ドメイン。 返信は yourAccount.myPureCloud.jp からきます。

    このプロセスの詳細な手順については、 myPureCloud.comドメインと直接メールを送受信する
    myPureCloud.comドメインを使用してEメールを送信します。 受信したメッセージのコピーをメールサーバーに保管してください。

    (上級) この方法を使用して、すべての受信Eメールメッセージのコピーを自分のEメールシステムに保存します。

    お使いのメールシステムで、受信メールのメッセージをドメイン yourAccountName.myPureCloud.jp に送信するリダイレクト ルールを作成します。 次に、Genesys Cloud AdminでGenesys Cloudドメインと電子メールアドレスを設定します。

    このプロセスの詳細な手順については、 myPureCloud.comドメインを使用してEメールを送信し、受信したメッセージのコピーを保管する