シリーズ: 組織のEメールドメイン名を使用する

ドメイン名を確認する

前提条件
  • Routing > Email > Manage permission

カスタムドメイン名を追加したら、ドメインの所有権を確認します。 この手順により、登録済みドメインから送信Eメールを送信できます。 この必要な手順を完了するには、表示された名前と値を含むTXTレコードをドメインネームシステム(DNS)に追加します。 検証には最大72時間かかります。

 メモ:   この記事では、DNSプロバイダーがDNSにTXTレコードを追加するために通常使用する一般的なプロセスについて説明します。 使用する手順は、DNSサービスプロバイダによって異なります。 

一部のDNSプロバイダは、自動的にドメイン名をDNSレコードの末尾に追加します。 すでにドメイン名を含むレコードの追加(たとえば、 _アマゾン) は、ドメイン名 (たとえば、 _アマゾン.). ドメイン名の重複を避けるため、DNSレコードのドメイン名の末尾にピリオドを追加します(たとえば、 _アマゾン.). このステップは、DNSプロバイダにレコード名が完全に修飾されていることを示し(ドメイン名とは関係なくなっています)、DNSプロバイダが追加のドメイン名を追加できないようにします。

ヒント:
  • DNSプロバイダがレコード名にアンダースコアを許可しない場合は、名前から_amazonsesを省略してください。 。
  • DNS設定内でこのレコードを簡単に識別するには、オプションで値にプレフィックスを付けます。 amazons:.

DNSにTXTレコードを追加する(一般的な手順)

  1. Genesys Cloudで、DNSトークン文字列をコピーします。
    1. 管理をクリックします。
    2. コンタクトセンタークリック Eメール。 [ドメインの管理]ページが開きます。
    3. 組織のEメールドメインを見つけてクリック 編集する。 [ドメインの確認]ページが開きます。
    4. ドメイン検証の下で、DNSトークン文字列をコピーします。 カラム。
  2. DNSプロバイダのWebサイトで、サインインしてドメインのDNSレコードを更新するためのページに移動します。 
  3. ドメインのTXTレコードを見つけます。
  4. TXTレコードを追加するためのプロバイダの指示に従ってください。 
     メモ:   注:Genesys Cloudがレコードを見ると、システムがドメインの所有権と検証待ち メッセージの変更先 確認済み. このプロセスには最大72時間かかります。
  5. 次、 組織のドメインサーバーにMXレコードを追加します。