シリーズ: 組織のEメールドメイン名を使用する

組織のドメインサーバーにMXレコードを追加します。

前提条件
  • Routing > Email > Manage permission

ドメイン名を確認したら、メールエクスチェンジャー(MX)レコードをドメインネームシステムに追加します(DNS)。 ドメインのネームサーバー上のMXレコードは、ドメインの電子メールを処理するメールサーバーを指します。 このレコードを追加すると、Genesys Cloudが受信メールを受信します。 MXレコードルートのみをGenesys Cloudに追加するドメインまたはサブドメインからのすべての電子メール。 通常、サブドメインを使用します。例えば、 support.yourcompany.com

ノート: 
  • この記事はあなたのDNSにMXレコードを追加する一般的なプロセスを含みます。 正確な手順は、DNSサービスプロバイダによって異なります。 
  • または、受信EメールのコピーをEメールシステムに保存するには、設定したドメインのEメールアドレスに受信Eメールメッセージを送信するEメールリダイレクトルールを作成します。 次に、Genesys Cloud AdminでGenesys Cloudドメインと電子メールアドレスを設定します。 詳細については、 ACD メールについてルーティング。
  • Genesys Cloudがあなたの代わりに返信し、送信電子メールを送ることができるようにするには、TXTレコードを追加するだけです; MX レコードは必要ありません。

既存ドメインの切り替え

既存のドメインを切り替えるときは、MXレコードを追加する前に、すべてのEメールアドレスとEメールルーティング設定を必ず追加してください。 MXレコードを追加すると、Genesys Cloudを介した電子メールのルーティングが開始されます。

DNSにMXレコードを追加する

  1. Genesys Cloudで、MXトークン文字列をコピーします。
    1. 管理をクリックします。
    2. コンタクトセンタークリック Eメール。 [ドメインの管理]ページが開きます。
    3. 組織のEメールドメインを見つけてクリック 編集する。 [ドメインの確認]ページが開きます。
    4. [ドメインの確認]の下にあるMXトークン文字列をコピーします。 名 カラム。
  2. DNSプロバイダのWebサイトでサインインして、DNSレコードを更新するためのページに移動します。。 
  3. プロバイダの指示に従ってMXレコードを追加してください。
     メモ:   注:Genesys Cloudがレコードを見ると、システムがドメインの所有権と検証待ち メッセージの変更先 確認済み. このプロセスには最大72時間かかります。
  4. オプションのDKIMおよびカスタムMAIL FROM設定を実行するには、をクリックします。 詳細設定を表示する。 詳細については、 DKIM認証を実行する そして カスタムのMAIL FROM設定をセットアップする。
  5. に戻る ドメインの管理ページで、クリック 閉じる