マルウェアおよびアンチスパム保護のベストプラクティス

Genesys Cloudは、 Genesysクラウドセキュリティポリシー. ただし、エージェントやスーパーバイザーのワークステーションを含む顧客側のコンピュータやデバイスは、電子メールや文書、または添付メディアに存在する可能性のあるスパムやマルウェアの攻撃から免れることはできません。 Genesysでは、お客様のサイトがすべてのGenesys Cloudユーザーのワークステーションおよびデバイスに対してマルウェアに対する予防策を講じることを推奨しています。 具体的には、Genesysは各施設が以下の予防措置を可能な限り実施することを推奨します。

安全なワークステーションとサーバー

  • すべてのGenesys Cloudユーザーデバイスにアンチマルウェアおよびアンチスパムソフトウェアをインストールします。
  • ローカル ワークステーションおよびサーバ上のデータを保護するには、フル ディスク暗号化を実装します。
  • データ損失防止(DLP)ツールを使用して、機密データの配布や損失を制御、監視、防止します。

社内メールポリシーの導入

  • また、Genesys Cloudへの受信メールについては、まず社内のメールサーバー経由で社内フィルターとポリシーを適用し、Genesys Cloudにルーティングします。
     メモ:   このプロセスの詳細については、メール サーバーのマニュアルを参照してください。
  • ユーザーが疑わしいメッセージのリンクをクリックしないようにするには、電子メールのリダイレクトを無効にします。

セキュリティのベストプラクティスについて従業員を教育する

  • 潜在的なマルウェアやスパムメッセージを認識して処理する方法について、情報セキュリティ慣行のトレーニングをユーザーに提供します。

Genesys Cloudと電子メール

Genesys CloudはAWSを介して受信メールを処理します シンプルな電子メールサービス (SES):メッセージをスキャンしてマルウェアを検知します。 SES が電子メール内のウイルスを検出した場合、またはウイルススキャンが完了しなかったり、決定的でない場合、Genesys Cloud は直ちに電子メールを切断し、キューに送信しません。 SES分析で、電子メールがスパムであることが示された場合、Genesys Cloudは、 ACD メール アドレス構成. AWS SES 分析が決定的でない、または何らかの理由で失敗し、電子メールにスパムとしてフラグを付けない場合、電子メール メッセージはキューにルーティングされ、エージェントで終わる可能性があります。 マルウェアやスパムは進化し続けるため、攻撃の阻止に100%効果的なシステムはありません。 これが、Genesysがここに挙げる注意事項を推奨する理由です。 

GenesysCloudドキュメントとコラボレーションチャット

Genesys Cloudは、ユーザーがチャットを介してアップロード、ダウンロード、転送するマルウェアをスキャンしません。 Genesysは S3 実行せずに、顧客がアップロードするファイルの種類に関係なく、 チャットは、同僚間でメッセージやファイルをリアルタイムに転送するため、各ワークステーションやエンドポイントをGenesys Cloud製品を使用してアンチマルウェアソフトウェアで保護することを強くお勧めします。 Genesys Cloud Documents機能は、 ファイルタイプこれは、アンチマルウェアソフトウェアでカバーする必要があります。