Salesforceの診断ログ


注意:この記事は、Salesforce向けGenesys Cloudに適用されます。

Salesforce用Genesys Cloudは、Salesforce電子メールのルーティング統合、キャンペーン管理統合、およびSalesforceのSDKで作成されたカスタムログの診断ログを作成します。

警告: Salesforceは、組織タイプに基づいてデータストレージを制限します。SalesforceのGenesys Cloudはログを削除しないため、Salesforceで制限に達する前に、ストレージ容量を監視し、ログを削除する必要があります。上限に達すると、Salesforce組織は新しいログを受け取りません。

ログの構成

次の項目は、 ロギング セクションの下の 共有設定 管理パッケージ設定ページ。詳細については、 Salesforce管理パッケージ設定

  • ロギングレベル: 診断ログが生成する詳細の量を決定します。

    デフォルトでは、ログ レベルは ERROR の基本情報を返します。ログが返す詳細の量を拡張する場合は、 警告INFO、または デバッグ そしてクリック 保存する。返される情報は、各レベルに応じて増加します。; ERRORは最も詳細な情報を提供し、DEBUGは最も詳細な情報を提供します。

  • サーバーサイドロギングを有効にする: カスタマーケアがアクセスできるログ記録を有効にします。

    Salesforce用のGenesys Cloudを設定して、診断ログサーバー側を保存することもできます。 サーバーサイドのロギングを有効にする. カスタマーケアは、これらのログに直接アクセスできます。

アクセスログ

ログを表示するには、をクリックします ログを表示する 。このリンクはGenesys Cloud Logsページを開き、SalesforceのSDKを通して作成された統合またはカスタムログに関連するすべてのログをリストします。

Salesforce共有設定のログセクション

詳細については、以下を参照してください。 管理パッケージ設定Salesforce電子メールのルーティングについて, キャンペーン管理について、および SDK を使用してログを作成し、保存する.

統合の詳細については、以下を参照してください。Salesforce向けGenesys Cloudについて.