前提条件:

Analytics > Insight Configurations > Edit 権限

Genesys Cloud が分析ビューとレポートでいくつかのメトリックを計算する方法を選択できます。

これらの設定を表示または変更するには:

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 コンタクトセンタークリック アナリティクス。

設定タブで:

  1. 「サービス レベル」で、次のオプションを有効にします。
    • 計算にフローアウト数を含める
    • 計算に短時間放棄数を含める
    • 計算に放棄を含める
      これらの設定がサービスレベルの割合にどのように影響するかの詳細については、サービスレベル用語集の用語。
  2. データマスキングの下:
  3. をセットする切断メトリックの計算に使用される時間秒単位の値フローパフォーマンス概要ビューそしてそのフローパフォーマンス詳細ビュー。この設定は、顧客のショート切断カラム。顧客の短時間切断は、短時間切断前にフロー内で顧客が切断した回数として定義されます。切断回数と比較した顧客の短時間切断の割合が含まれます。デフォルトの短い接続解除時間は10秒未満ですが、管理者は必要なしきい値に短い切断時間を設定できます。

に表示される各破棄間隔の長さを設定します。 間隔メトリックビューの放棄

の中に間隔設定タブ:

  1. クリック 編集します。
  2. 必須の列に最小秒数を入力します。 
    各列のデフォルトの秒数は次のとおりです。
    既定の秒数
    A 0 ~ 38
    B 38 ~ 39
    C 39 ~ 60
    D 60 ~ 131
    E 131 ~ 255
    F 255 ~ 310
    G 310 +
     メモ:   下限値以上の放棄された呼び出しは、列のインターバルの上限よりも小さくなります。 たとえば、39 秒のコールと 59.5 秒のコールはどちらも 39 ~ 60 秒の列にカウントされますが、60 秒のコールは 60 ~ 131 秒の列にカウントされます。
  3. クリック 完了