Google Cloud Dialogflow ES 統合について

Google クラウド ダイアログフロー ES 統合を使用して、コール、チャット、メッセージ、およびセキュア フロー Architect のダイアログフロー ES ボット アクションを呼び出します。Genesys Cloud の Google CCAI 統合機能を搭載した Genesys Virtual Agent Services を使用する Google Cloud Dialogflow ES ボットは PCI に準拠していません。ベストプラクティスでは、google CCAI 統合を利用した Genesys 仮想エージェント サービスを Architect セキュアなコール フローで使用しないことをお勧めします。


概要


Google Cloud Dialogflow ES の統合  

Google Cloud Dialogflow ES は Genesys AppFoundry から入手できます。Google CCAIを搭載したGenesys仮想エージェントサービスは、AppFoundryからも入手できます。


Google Cloud Dialogflow ES 統合の設定と有効化

ArchitectでCall Dialogflow Botアクションにアクセスするには、組織に適切なGoogleプラットフォームサービスアカウントの認証情報とOAuthクライアントの認証情報が必要です。次に、組織で Google Cloud Dialogflow ES 統合を構成してアクティブにします。


Dialogflow ES ボットの作成


インタラクション フローで Google Cloud Dialogflow ES ボットを使用

Architect インタラクション フローで Google Cloud Dialogflow ES ボットを使用します。


メッセージインタラクションのクイックリプライで作業

管理者はボットの会話でクイック リプライを設定します。 クイックリプライとは、顧客がメッセージのインタラクション中に応答として選択できる応答です。クイックリプライは、迅速かつ構造化された応答を可能にし、オプションのリストから選択して、ダイレクトメッセージに対するシンプルでガイド付きの応答を提供することができます。