割り込みオプション

割り込み機能を使用すると、発信者を許可するオーディオシーケンスを設定できます。] たとえば、発信者は2を押してすぐにカスタマーサービスに転送できることを知っている場合があります。

Genesys DialogEngineのボットフローをテストする

ボットフローの場合、最初に音声メッセージ全体を聞かずにボット応答を中断できるようにする場合は、下のバージインを有効にします。 設定 >> ユーザー入力 >> 全般的。 この設定はグローバルに適用されます。

このグローバル設定により、ユーザーは質問をバイパスできます。 たとえば、発信者は、質問全体を待たずに自分のアカウント番号を言っていることを知っている場合があります。 グローバルバージイン機能は、ボットが顧客からの回答を期待している会話のポイントで利用できます。たとえば、 意図的な行動を求める。 ボットが応答を期待していない場合、ユーザーは会話のある時点で中断することはできません。 アクションを伝える

メモ:   Google Dialogflowボットの割り込み機能性を有効にするには、 Google Dialogflowボットの介入を有効にする.

発信者がボットの応答を中断できるかどうかを選択します。 

音声割り込みオプションは下にあります 設定 >> ユーザー入力 >> 全般的。 新しいボットフローの場合、このオプションはデフォルトで有効になっています。 このグローバル設定を有効にすると、現在編集しているボットフローのすべての「要求」アクションに対して有効になります。

. 既存のボットフローの場合、このオプションはデフォルトで各フローで無効になっています。

  • インタラクション中に参加者が「要求」アクションごとにボットの質問を中断できるようにするには、 ボイスバージイン オプション オン
  • インタラクション中に参加者がボットの質問を中断しないようにするには、 ボイスバージイン オプション オフ

はしけと音声またはメッセージの流れ

音声、チャット、またはメッセージフローで、ユーザーが最初に音声メッセージ全体を聞かなくても転送できるようにするには、 オーディオシーケンスエディタ。 また、使用することができます AudioPlaybackOptions 関数は、音声式テキストを呼び出します。 

メモ: 
  • オーディオは.wavファイルまたはTTSです。
  • バージインが発生するために、発話またはDTMFトーンは何にも一致する必要はありません。
  • システムが複数のオーディオ再生をキューに入れると、実際に再生されている間、各オーディオ再生の割り込み設定が適用されます。 しかしながら; 割り込みがトリガーされると、割り込みの設定に関係なく、現在のオーディオ再生が中止され、キューに残っているオーディオ再生がスキップされます。
  • 割り込みを有効にする チェックボックスは、カスタムではない音声表現にのみ適用されます。 複数の言語のカスタム式に表示されますが、それらには適用されません。
  • Google Dialogflowボットの割り込み機能性を有効にするには、 Google Dialogflowボットの介入を有効にする.

オーディオシーケンスの割り込みを実装する前に、発信者がオーディオ全体を聞く必要はなく、オーディオをバイパスしても問題がないことを確認してください。 例えば、 発信者が情報アナウンス全体を聞くことが重要な場合は、バージインを実装しないでください。

割り込みを防止することは、呼び出しが監視または録音されていることを通知するなど、免責事項の発表や法的権利や義務に関する情報を発信者に聞いてもらいたい場合に役立ちます。

する方法を学ぶ 発呼者に再生するオーディオ要素の順序付きシーケンスを設定する、 見る オーディオシーケンスを設定する。

コールフローでは、保留音を除いて、新規および既存のオーディオシーケンスでデフォルトで割り込みが有効になっています。 の 割り込みを有効にする オーディオシーケンスの左下隅にあるチェックボックス、 ダイアログ ボックススで有効になっているデフォルト 。 発信者が音声シーケンスを中断する機能を無効にするには、このチェックボックスをオフにします。

  • プロンプトの途中で発信者がオーディオプロンプトを中断できるようにするには、[オーディオシーケンス]ダイアログボックスで 割り込みを有効にする チェックボックス
  • 発信者がオーディオシーケンスを中断しないようにするには、 割り込みを有効にする チェックボックス

ユーザーがオーディオの再生を中断しないように、適切なアクションでカスタム表現を作成することもできます。 特定の場合に発信者がオーディオを中断できるようにするパラメータを設定することもできます。

詳細については、 AudioPlaybackOptions Architectの組み込み式ヘルプに。 をクリックすると、ヘルプメニューから組み込みの式ヘルプにアクセスできます。 関数 ボタンを押すか、先行入力メソッドを使用します。

ヘルプメニューから式のヘルプにアクセスする

Architectの右上隅にある「ヘルプ」ボタンをクリックして、 式のヘルプ。

機能ボタンを使用して式のヘルプにアクセスする

  1. [式を編集] ダイアログ ボックスまたは [オーディオ シーケンスを編集] ダイアログ ボックスで [F()] ボタンをクリックします。 式のヘルプ] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 特定の要素を見つけるには、次のいずれかを実行します。

  • の中に サーチ フィールドに、表示したい機能の最初の数文字を入力します。 Architect は、一致する可能性のあるものを表示します。
  • の中に 名前/シンボル スクロールバーを使用して表示する機能に移動し、機能をクリックしてプロパティを表示します。
  1. クリック バツ を終了するには、右上隅に 式のヘルプ ダイアログボックス。

先行入力を使用して式ヘルプにアクセスする

式の編集ダイアログボックスでArchitectの先行入力機能を使用すると、式固有の関数ヘルプに簡単にアクセスできます。 テキストの最初の数文字を入力すると、Architect は一致の可能性のある式のリストを表示します。 一致する各式には「?」がついて、それをクリックするとその式のヘルプが開きます。