タスクに保留時の音楽を追加


このアクションは、キューで待機しているときに発信者が経験する音声プロンプトおよびプロンプト動作を設定します。 このアクションはキュー内のコールフローでのみ使用できます。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 保留音楽 タスクエディタの適切な場所へのアクション。
  5. の中に テキストボックスに、わかりやすい名前を入力するか、デフォルトのHold Musicタイトルを使用します。
  6. の中に 保留音楽 ボックスで、保留音楽として使用する音声プロンプトを追加または作成します。
  7. 保留音プロンプトの間いつでも発信者が音声プロンプトを中断できるようにする 割り込みを有効にする チェックボックス詳細については、 割り込みオプションについて
  8. の中に プレイスタイル 以下のいずれかの操作を行います。
    • パス内の次のアクションに移動する前にプロンプトを1回再生するには、を選択します。 プロンプトを再生
    • 次のアクションパスに移動する前にプロンプトを一定時間再生するには、 持続時間のために遊ぶ
  9. あなたが選んだ場合 持続時間のために遊ぶ、 - と+のコントロールを使って、保留音楽を再生する時間を選択します。
  10. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。