SDKを使用してSalesforce Eメールをルーティングする

 メモ:   この記事は、Salesforce向けGenesys Cloudに適用されます。

SalesforceでSalesforceの電子メールのルーティングを設定した後、管理パッケージのSDKを使用して、SalesforceのGenesys Cloudを介してSalesforceの電子メールをルーティングします。 SDKはSalesforce Apexプログラミング言語を使用しています。 

メモ:   この高度なカスタマイズの記事は、Salesforceに精通している開発者を対象としています。

当社のSDKにアクセスするには、 および purecloud.Email(purecloud.Email 名前空間。 _を使用 purecloud.Email(purecloud.Email 名前空間を使用して、サブジェクト、fromName、および fromAddress の情報を設定します。

メールクラス

SalesforceのGenesys Cloudを通じてSalesforceの電子メールをルーティングする静的な方法が含まれています。

ネームスペース

purecloud.SDK.Email

利用先

これらの方法を使用して、Salesforce用のGenesys Cloudを介してSalesforceの電子メールをルーティングするGenesys Cloud電子メールオブジェクトを作成します。 これらのオブジェクトには、スクリーンポップの設定、対話の詳細の変更、またはSalesforceのアクティビティレコードへのデータの追加のためのデータを含めることができます。

メール方法

電子メールクラスでは、次の方法を使用できます。

Eメールインタラクションを指定のキューにルーティングし、指定のSalesforceページをスクリーンポップします。

パラメーター

名前 データ・タイプ    説明 メモ  
キュー 文字列  Salesforceの電子メールをルーティングするGenesys Cloud組織のキュー。 対話の詳細でCall.QueueNameにマップします。
sfUrlPopValue 文字列  インタラクションアラートが発生すると、スクリーンするSalesforceページのURLの値がポップアップします。

次の例は、これらのアクションを実行する方法を示しています。

  • Salesforce Eメールを指定されたキューに経路指定します。
  • 指定されたSalesforceページをスクリーンポップします。

Apexコードを使用したインタラクションの詳細

purecloud.SDK.Email.create( 'CustomerService'、 '500360000015OCJ');

指定したキュー内のエージェントにSalesforceメールをルーティングします。このエージェントはGenesys Cloud組織で指定したスキルと言語が割り当てられ、属性パラメータを使用してアクションを実行します。

パラメーター

名前 データ・タイプ    説明 メモ  
キュー 文字列  Salesforceの電子メールをルーティングする統合を希望するGenesys Cloud組織のキュー。 対話の詳細でCall.QueueNameにマップします。
スキル リスト<String> Genesys Cloud組織のスキルのリスト。  Salesforceの電子メールを受信するエージェントに関連付けられています。
言語 文字列  Genesys Cloud組織の言語スキル。  Salesforceの電子メールを受信するエージェントに関連付けられています。
attributes 地図<String, Object=""> 参照 属性マップ.

属性マップ

Salesforceページまたは検索結果、またはSalesforceのインタラクション詳細またはアクティビティレコードに追加するデータを含む属性のマップ。

パラメーター

キー タイプ 必須またはオプション    説明 メモ  
SF_URLPop 文字列  任意 インタラクションが警告したときにスクリーンポップするSalesforceページのID 両方ではなく、SF_URLPopまたはSF_SearchValueのいずれかを使用してください。 スクリーンポップの処理を速くするには、SF_URLPopを使います。
SF_SearchValue 文字列  任意 インタラクションが警告したときにスクリーンポップするSalesforce検索結果のID 両方ではなく、SF_URLPopまたはSF_SearchValueのいずれかを使用してください。 スクリーンポップの処理を速くするには、SF_URLPopを使います。
{カスタム属性} 文字列、整数、ブール値 任意 インタラクションアラート時にインタラクションの詳細またはアクティビティレコードに追加するデータ。

次の例は、これらのアクションを実行する方法を示しています。

  • 指定されたスキルと言語が割り当てられた、指定されたキュー内のエージェントにSalesforce Eメールをルーティングします。
  • 指定されたSalesforceページをスクリーンポップします。
  • インタラクションの詳細にケース番号を追加します。
  • SalesforceのアクティビティレコードにリモートのEメールアドレスを追加します。

 メモ:   注意:CaseNumberとcontactEmailAddressはカスタム属性なので、まず参加者を追加する必要があります。[CustomFieldName}]をクリックして、[クライアント設定]の[インタラクション詳細のカスタマイズ]および[アクティビティフィールドマッピング]セクション クライアント設定の詳細については、 管理パッケージ設定。 

Apexコードを使用したインタラクションの詳細

String []スキル=新しいリスト<String>();
 kills.add( '保証');
 kills.add( '携帯電話の修理');

文字列言語= '英語-口頭';

地図<String, Object=""> 属性=新しいマップ<String, Object="">();
 attributes.put( 'SF_URLPop'、 '500360000015OCJ');
 attributes.put( 'CaseNumber'、 'ケース: 000149 ');
 attributes.put( 'contactEmailAddress'、 'john.smith@customer.com');

 purecloud.SDK.Email.create( 'CustomerService'、スキル、言語、属性);

インスタンス化 purecloud.Email(purecloud.Email オブジェクト。 以下を参照してください。 purecloud.Email(purecloud.Email タブ。 

メールクラス

Genesys CloudのEメールインタラクションを表します。 Salesforceの電子メールをGenesys Cloud for Salesforceにルーティングする方法が含まれています。

ネームスペース

purecloud.Email

利用先

これらの方法を使用して、Genesys Cloud電子メールオブジェクトを作成します。 これらのオブジェクトには、スクリーンポップの設定、対話の詳細の変更、またはSalesforceのアクティビティレコードへのデータの追加のためのデータを含めることができます。 これらのオブジェクトは、subject、fromName、およびfromAddressの情報も設定できます。

メール方法

電子メールクラスでは、次の方法を使用できます。

定義されたインスタンス属性とGenesys Cloudの相互作用を作成します。 

プロパティ

名前 データ・タイプ    説明 メモ  
キュー 文字列  Salesforceの電子メールをルーティングする統合を希望するGenesys Cloud組織のキュー。 対話の詳細でCall.QueueNameにマップします。
スキル リスト<String> Genesys Cloud組織のスキルのリスト。  Salesforceの電子メールを受信するエージェントに関連付けられています。
言語 文字列  Genesys Cloud組織の言語スキル。  Salesforceの電子メールを受信するエージェントに関連付けられています。
attributes 地図<String, Object=""> 参照 属性マップ.
件名 文字列  アクティブなインタラクションのメール件名。 インタラクションアラートのときにインタラクション詳細に追加されます。 インタラクションの詳細でEmail.Subjectにマッピングします。
名前から 文字列  アクティブなインタラクションのリモート名。 インタラクションアラートのときにインタラクション詳細に追加されます。 対話の詳細でCall.QueueNameにマップします。
fromAddress 文字列  アクティブなインタラクションのリモート電子メール アドレス。 インタラクションアラートのときにインタラクション詳細に追加されます。 対話の詳細でSalesforce.DisplayAddressにマップします。

属性マップ

Salesforceページまたは検索結果、またはSalesforceのインタラクション詳細またはアクティビティレコードに追加するデータを含む属性のマップ。

パラメーター

キー タイプ 必須またはオプション    説明 メモ  
SF_URLPop 文字列  任意 インタラクションアラートが発生すると、スクリーンするSalesforceページのIDがポップアップします。 両方ではなく、SF_URLPopまたはSF_SearchValueのいずれかを使用してください。 スクリーンポップの処理を速くするには、SF_URLPopを使います。
SF_SearchValue 文字列  任意 インタラクションアラートが発生すると、スクリーンするSalesforce検索結果のIDがポップアップします。 両方ではなく、SF_URLPopまたはSF_SearchValueのいずれかを使用してください。 スクリーンポップの処理を速くするには、SF_URLPopを使います。
{カスタム属性} 文字列、整数、ブール値 任意 インタラクションアラート時にインタラクションの詳細またはアクティビティレコードに追加するデータ

次の例は、メール オブジェクトを作成し、プロパティを使用してこれらのアクションを実行する方法を示しています。

  • 指定されたキュー内でスキルと言語が割り当てられているエージェントにSalesforceEメールをルーティングするか、割り当てられたスキルと言語を持つArchitectインバウンドEメールフローを使用してSalesforceEメールをエージェントにルーティングします。
  • 指定されたSalesforceページをスクリーンポップします。
  • インタラクションの詳細にケース番号を追加します。
  • SalesforceのアクティビティレコードにリモートのEメールアドレスを追加します。
  • 件名、fromName、およびfromAddressの各プロパティを対話の詳細に追加します。

 メモ:   注意:CaseNumberとcontactEmailAddressはカスタム属性なので、まず参加者を追加する必要があります。[CustomFieldName}]をクリックして、[クライアント設定]の[インタラクション詳細のカスタマイズ]および[アクティビティフィールドマッピング]セクション クライアント設定の詳細については、 管理パッケージ設定。 

Apexコードを使用したインタラクションの詳細

Salesforce Eメールをルーティングするためのキューの使用例

String []スキル=新しいリスト<String>();
 kills.add( '保証');
 kills.add( '携帯電話の修理');

地図<String, Object=""> 属性=新しいマップ<String, Object="">();
 attributes.put( 'SF_URLPop'、 '500360000015OCJ');
 attributes.put( 'CaseNumber'、 'ケース: 000149 ');
 attributes.put( 'contactEmailAddress'、 'john.smith@customer.com');

 purecloud.Email email = purecloud.SDK.Email.create();
 email.queue = 'CustomerService';
 email.skills =スキル;
 email.language = '英語-口頭';
 email.attributes =属性;
 email.subject = '保証に関する質問';
 email.fromName = 'ジョンスミス';
 email.fromAddress ='john.smith@customer.com ';
 email.create();

Salesforce EメールをルーティングするためのインバウンドEメールフローの使用例

地図<String, Object=""> 属性=新しいマップ<String, Object="">();
 attributes.put( 'SF_URLPop'、 '500360000015OCJ');
 attributes.put( 'CaseNumber'、 'ケース: 000149 ');
 attributes.put( 'contactEmailAddress'、 'john.smith@customer.com');

 purecloud.Email email = purecloud.SDK.Email.create();
 email.flow = 'RouteEmails';
 email.attributes =属性;
 email.subject = '保証に関する質問';
 email.fromName = 'ジョンスミス';
 email.fromAddress ='john.smith@customer.com ';
 email.create();

詳細については、Salesforce のメールのルーティングを設定するFlow Builder を使用して Salesforce のメールをルーティングする 、およびSalesforce メールのルーティングについて を参照してください。 

統合の詳細については、以下を参照してください。Salesforce向けGenesys Cloudについて.