メッセージングスレッディングタイムライン

前提条件:
  • Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud Digital Upgrade
  • Conversation > threadingTimeline > Edit 権限
  • Conversation > threadingTimeline > View 権限

メッセージングスレッドのタイムラインは、最後のアクティビティ後にメッセージングの会話が開いている時間の長さを決定します。 切断されると、メッセージングスレッドのタイムラインが開始され、次に送信されるメッセージが新しい会話を開始する前に、メッセージング会話がスレッド化される時間を決定します。 メッセージング・スレッディング・タイムライン機能は、すべてのGenesys Cloudメッセージング・チャネルで使用できます。 サードパーティのメッセージング、SMSメッセージング、Genesys Cloud Webメッセージング、オープンメッセージング。

時間は0~72時間の範囲で1-minute単位で設定できます。 デフォルトは 72 時間です。 会話が開いている時間短縮:

  • 個別の会話をより頻繁に作成する。
  • 最後のエージェントへの会話のルーティングをより迅速に削除します。 たとえば、顧客が異なる日に頻繁にビジネスにメッセージを送る場合です。
  • 前の会話コンテキストがエージェントに表示されないようにします。
  • エージェントのエクスペリエンスが管理しやすく、同じ顧客からのメッセージが会話サイズの制限を超えないように支援します。 詳細については、以下を参照してください。 会話サイズの制限 開発者センター内にあります。

メッセージングスレッドのタイムラインを構成するには、次の手順に従います。

  1. 管理をクリックします。
  2. メッセージ、 クリック スレッドのタイムライン
  3. メッセージングチャネルの横にあるトグルをオンにして、メッセージングチャネルのスレッドタイムラインを有効にします。 トグルをオフのままにして、スレッドのタイムラインを0に設定します。 スレッドタイムラインが0の場合、切断された会話からのすべての応答またはエージェントレスアウトバウンドメッセージングが新しい会話を開始します。
  4. スレッドタイムラインの時間を分単位で入力します。 デフォルトは4320分または72時間です。
  5. メッセージングチャネルごとに手順3と4を繰り返して、チャネルのスレッドタイムラインを有効にします。
  6.  保存するをクリックします。