シリーズ: 履歴遵守

歴史的順守の制約


このセクションでは、現在の過去の順守制限について説明します。

  • 時間外または利用不可のスケジュールされた時間に従うためには、エージェントのプレゼンスは、離席中、アイドル、またはオフラインである必要があります。Genesys Cloudからログアウトしたエージェントには、オフラインが存在します。不在時にGenesys Cloudにログインしたエージェントは、別の存在(たとえば、Available)であると見なされます。この問題により、うっかり順守できなくなることがあります。
  • クエリはクエリ範囲にまたがる間隔を返しません。たとえば、午後6時の時間範囲に対するクエリでは、 MM月dd日 午後8時まで MM月dd日 エージェントが午後6時20分からオフラインだったかどうかを返すことができない MM月dd日 午後1時20分まで MM月dd日。現在選択されている日が月曜日でエージェントがまだオフラインの場合、システムは間隔を選択します。エージェントがプレゼンスを変更すると、システムはその期間の次の順守クエリで変更を受け取ります。この緩和戦略は、最大で2管理単位週間にわたる活動に有効です。
  • 分析には処理すべきイベントのバックログがある可能性があるため、システムは最近完了した間隔では完全に正確ではない可能性があります。しかし、それは時間の経過とともに自分自身を修正します。