シリーズ: 履歴遵守

履歴順守を構成する

履歴順守を構成するには、次の手順を実行します。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 Workforce Managementクリック 管理ユニット。 [管理単位]ページが開きます。
  3. から 事業単位 右上隅にあるリストから、ビジネスユニットを選択します。
  4. 目的の管理単位を開きます。 まだ管理ユニットを作成していない場合は、ここで追加してください。 詳細については、 管理単位を追加する
  5. オプションデータを表示するタイムゾーンを変更するには、右上隅で現在のタイムゾーンリストを選択します。
     メモ:   既定では、ビューは管理単位のタイムゾーンを使用します。
  6. 遵守、 以下をせよ:
    1. 下 重大な順守しきい値矢印を使用して、リアルタイムの順守監視のためにエージェントが順守から重大に外れたと見なされるまでの分数を設定します。 デフォルトは15分です。
    2. アドヒアランス例外のしきい値を使用して、 分 そして 秒 上下の矢印を指定して、過去の準拠における密着例外を含めるための最小しきい値を設定します。 
       メモ:   このしきい値未満で発生する以下の例外は、1日の割合に影響せず、例外リストに表示されません。
    3. 下 アドヒアランスターゲット、上下の矢印を使用して、履歴準拠の最小目標遵守率を設定します。  
    4. 順守計算と同等のOn Queue以外のアクティビティを検討するには、 活動同等性 切り替える はいオンキュー以外のアクティビティが順守計算で同等と見なされないようにするには、このスイッチを[いいえ]に切り替えます。
      例:  アクティビティの等価性を設定する場合 うんにスケジュールされたエージェント 破る 実際の存在は 食事 は、準拠していると見なされます。 このオプションを [ 違います、エージェントは準拠していないと見なされます。
    5. スケジュールされたシフト時間外の「待ち行列」状態を順守例外としてカウントするには 例外を考慮した外部シフトの作業 切り替える はい。 予定されたシフト以外の作業が例外としてカウントされないようにするには、スイッチを いいえ。 
    6. 準拠の計算から除外するアクティビティを追加するには、 遵守のために無視の内側をクリックし、 アクティビティの選択 [ボックス] をクリックし、目的のアクティビティまたはアクティビティを選択します。 
       メモ:   無視する必要があるアクティビティの例外は、準拠の計算に中立的な影響を与えます。
  7. クリック 保存する.