近日公開予定の機能

このプレビューでは、次のGenesys Cloudリリースに予定されている機能をリストします。 この機能がGenesys Cloudで稼働するのは、2022年11月30日以降となります。 11月30日Genesys Cloud リリースノート の機能説明には、Resource Center または Developer Center にある付属のドキュメントへのリンクが含まれる予定です。

今後のGenesysCloud機能リリースについては、を参照してください。 今後のリリース発表

Contact Center

トピックマイニングの導入

トピックマイナーは、会話原稿を解析してよく使われるフレーズを特定し、それをトピックにグループ分けして、実際の発話を完備しています。 管理者は、トピックやフレーズを絞り込んでカスタマイズし、トピックマネージャにインポートして音声分析やテキスト分析に利用することができます。 この機能により、アナリストはマイニングされたデータを使って新しいトピックを作成したり、既存のトピックを改善したりすることができ、ビジネスプロセスの知識や手作業によるコールレビューに頼る必要性を最小限に抑えることができます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 WEM Add-on II、Genesys Cloud CX 2 WEM Add-on I、またはGenesys Cloud CX 3。

過去の収縮率データ

コンタクトセンターのマネージャーや管理者は、新しいヒストリカル・シュリンク・ビューで、過去の順守状況やスケジュールデータの集計を見ることができるようになりました。 管理者は、シュリンケージデータを使用して、エージェントの利用時間に影響を与えた計画と実際のアクティビティを比較することができます。 管理者は、このデータを使って、必要な人員を調整し、プラットフォームベースのデータとインサイトを使用してスケジュールを作成することができます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 WEM Add-on II、Genesys Cloud CX 2 WEM Add-on I、またはGenesys Cloud CX 3。

方言で絞り込む

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、Topic Trends Summaryビューで、トピックを方言でフィルタリングできるようになりました。 このフィルターにより、管理監督者は必要なトピックや情報をより迅速に探し出すことができます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 Add-on II、Genesys Cloud CX 2 Add-on 1、またはGenesys Cloud CX 3。

エージェントスケジュールビューにおける作業計画情報

エージェントは、可能なシフトや未発表の週に予定されているシフトのウィンドウなど、作業計画情報をスケジュールで確認できるようになりました。 この情報は、エージェントが仕事のスケジュールを予測し、より効果的に管理するのに役立ちます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 WEM Add-on II、Genesys Cloud CX 2 WEM Add-on I、またはGenesys Cloud CX 3。

メッセンジャーヘッドレス対応

管理者は、Messengerのネイティブユーザーインターフェースを無効にすることができるようになりました。 開発者は、メッセンジャーのJavascriptのコマンドやイベントをもとに、独自のユーザーインターフェースを構築することができます。 この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 Digital Add-on II、Genesys Cloud CX 2、Genesys Cloud CX 2 Digital、Genesys Cloud CX 3、またはGenesys Cloud CX 3 Digitalのいずれか。

カスタムAWS統合のメールサイズ制限の引き上げ

エージェントは、AWSを通じて、Base-64エンコード後に最大40MBのデータでメールや添付ファイルを送信することができるようになりました。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 Digital Add-on II、Genesys Cloud CX 2、またはGenesys Cloud CX 3。

アーキテクトの受信メッセージフローに組み込まれた Message.Message.SenderAddressInfo.email 変数

フロー作成者は、アーキテクトの受信メッセージフローで新しい Message.Message.SenderAddressInfo.email 組み込み変数を使用して、メッセージ送信者の電子メールアドレスを取得できるようになりました。 関連するメッセージングプロバイダは、送信者の電子メールアドレスを提供します。 この機能により、管理者やフロー作成者は、その属性をさらなる処理に利用し、顧客体験をパーソナライズすることができます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud 1 Digital Add-on II、Genesys Cloud CX 2、Genesys Cloud CX 2 Digital、Genesys Cloud CX 3、またはGenesys Cloud CX 3 Digitalのいずれか。

Microsoft Azure Cognitive Services TTS in Architect セキュアフロー

Microsoft Azure Cognitive ServicesのText-to-SpeechエンジンがPCI DSSに準拠し、アーキテクトのセキュアフローで利用できるようになりました。 管理者はセキュアフローのTTS機能を使用して、選択した言語と音声で発信者にテキストを再生できます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1、Genesys Cloud CX 2、またはGenesys Cloud CX 3。

メール設定UIの更新

Genesys Cloudは、業界の標準やトレンドに合わせ、管理 > コンタクトセンター > 電子メールページのスタイルを更新しました。 今回のスタイル変更では、ボタン、テキストフォーマットとフィールド、テーブル、メニューが更新されています。 これらの変更は、UIのワークフローに影響を与えるものではありません。 詳しくは、Genesys Community のUpcoming UI Style Changes - Contact Center Email Administration をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 Digital Add-on、Genesys Cloud CX 2 Digital、またはGenesys Cloud CX 3 Digital。

 メモ:   この機能リストは変更される可能性があります。