近日公開予定の機能

このプレビューには、次回のPureCloudリリースで予定されている機能が一覧表示されています。これらの機能はPureCloudには含まれません 2020年04月08日。機能の説明には MM月dd日 リリースノート リソースセンターの付属文書へのリンクが含まれます。

Contact Center

予測エンゲージメントのための Architect ワークフローと Architect フローアクションの導入

お客様は、予測エンゲージメント (旧 AltoCloud ) を使用して社内およびサードパーティの統合を作成することで、ビジネス プロセスを合理化できるようになりました。管理者は Architect でワークフローを作成し、予測エンゲージメント管理者は Architect フローアクションを使用してアクションマップを設定してサードパーティのシステムと統合します。

Salesforce 見込み客とのキャンペーンの関連付け

新しい予測エンゲージメントと Salesforce との統合により、定義済みの PureCloud データアクションと、ワークフローの例 Architect 提供されます。管理者は、 Architect フロー アクションとこれらのデータ アクションおよびワークフローを使用して、見込み客を作成し、資格のあるユーザーが顧客の Web サイトに到着したときに Salesforce にキャンペーンの帰属を割り当てるアクション マップを作成できます。定義済みのスクリプトを使用すると、エージェントは Salesforce でリードを表示および更新できます。

サブスクリプションにデジタル チャネルを追加する

顧客は、 PureCloud 購読にデジタルチャネルを追加できるようになりました。Genesys 、上位の PureCloud サブスクリプション層に含まれる、チャット、電子メール、SMS、メッセージングなどのデジタル チャネルにアクセスするためのアドオンを提供しています。

プレゼンスの変更後にエージェントのルーティング スコアをリセットする

管理者は、すべてのキュー ルーティング方法でエージェントのプレゼンスの変更を使用して ACD ルーティング スコアをリセットするように指定できるようになりました。この機能は、使用可能なエージェントが適切な順序で対話を受信することを保証するのに役立ちます。

スケジュールされたコールバックビューのアクセス許可の変更

[スケジュールされたコールバック] ビューにアクセスするには、追加のアクセス許可が必要になりました。[UI] > [スーパーバイザーのスケジュールされたコールバック] > [表示] 権限は、既に [分析] > [会話の詳細] > [クエリ] 権限を持っているすべてのユーザに対して追加されました。管理者は、この新しいアクセス許可のカスタム ロールを更新する必要があります。

プラットフォーム

PureCloudには新しい名前があります

PureCloud製品名はGenesys Cloudに変更されています。それは2020年までの段階的な変化です。すぐに、製品インターフェース、インストール、Webサイト、ドキュメント、およびサポートツールの新しい製品名とロゴの変更が表示されるようになります。詳細については、 PureCloudからGenesys CloudへのFAQ Genesys Communityで。

廃止予定

ACDルーティング許可の変更

2020年04月08日 、ACD ルーティングのアクセス許可の変更が有効になりました。

注意:この機能リストは変更される可能性があります。