近日公開予定の機能:
前提条件

 以下の権限

  • Analytics > Speech and Text Analytics Aggregates > View 
  • Speech and Text Analytics > Topic > View 

    トランスクリプトとの対話におけるトピックの傾向を検索するには、をクリックします。 パフォーマンス > ワークスペース > トピックの傾向。 「トピックトレンドの概要」ビューが表示されます。 トピックをクリックすると、その詳細ビューが表示されます。 [トピック トレンド] 詳細ビューには、1 つ以上のトピックの間隔ごとの内訳が表示されます。 

    画像をクリックして拡大します。

    トピックトレンド詳細表示

    ワークスペースにデフォルトのタイムゾーンを設定する

    分析ビューを表示する前に、分析ワークスペースでデフォルトのタイムゾーンを設定できます。

    ワークスペースでデフォルトのタイムゾーンを設定するには、次の手順に従います。

    1. クリック パフォーマンス>ワークスペース。
    2. 左側から、タイムゾーンドロップダウン メニューで、アナリティクス ワークスペースのデフォルトのタイム ゾーンとして必要なタイム ゾーンを選択します。

    フィルターと列の設定でビューを保存するには保存するをクリックします。

    データをエクスポートするには ビューで、 書き出すをクリックします。 

     メモ:   このビューからのエクスポートは1,000レコードに制限されています。

    このビューは、新しいインタラクションが発生しても更新されません。 新しいインタラクションを表示するには、 更新するをクリックしてください。

     メモ:   非同期インタラクションの場合、Speech & Text Analyticsが会話を終了したと分類し、Eメールとメッセージのメトリックスを表示するには、72時間の非アクティブ期間が必要です

    ビューをカスタマイズする

    [Agents Status Summary]ビューをカスタマイズして、特定のデータのみを表示します。 たとえば、特定の種類のコールバックを表示するために、特定の列またはフィルターのみを表示するように選択できます。 カスタマイズは、表示を終了して表示に戻っても有効です。 保存済みビューとしてフィルターと列の設定を保存することもできます。 同じビューで目的の異なるデータをすばやく切り替えることができます。 

     メモ:  

    このビューのカスタム日付範囲オプションの最大長は31日です。

    アナリティクスのビューをカスタマイズするには、日付フィルタを使用します。

     

    30 日の時間間隔があり、現在の間隔がない日付ピッカー

    メトリクスを日付でフィルタリングしたり、カスタムの日付範囲を設定するには、プリセットを使用します。 このビューの指標をフィルタリングするときは、最大1か月のカスタム日付範囲を選択します。 

    プリセットを使用してメトリックをフィルターするには、次の手順を実行します。

    1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
    2. [プリセット]リストで、プリセットの日付オプション選択します。

    日付のプリセット

    プリセット 説明
    今日 現在のインターバルを含む期間のデータを表示します。
    昨日 前日のデータを表示します。
    今週 日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
    先週 前週、日曜日から土曜日までのデータを表示します。
    過去 7 日間 過去 7 日間のデータを表示します。
    今月 当月分のデータを余分な日数なく表示します。
    週別に今月  月が日曜日または土曜日に始まらない場合、日曜日から始まり土曜日で終わる当暦月のデータを、余分な日を含めて表示します。
    先月 前の暦月のデータを追加日なしで表示します。
    過去 30 日間 過去30日間のデータを表示します。
    1日24時間のデータを表示します。
    日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
    追加日なしで正確な月のデータを表示します。 当月を選択した場合は、現在の日付までのデータが表示されます。
    週別の月 月が日曜日または土曜日に始まらない場合、日曜日から始まり土曜日で終わる暦月のデータを、余分な日を含めて表示します。

    カスタムの日付範囲を使用してメトリクスをフィルターリングするには、次の手順を実行します。

    1. 日付フィルタを表示するには、日付をクリックします。
    2. カレンダーで開始日と終了日を選択し、フィルター矢印をクリックします。

    同じ日付プリセットを使用して異なる期間のデータを表示するには、日付表示の両側にある矢印をクリックします。

    たとえば、前日のデータを表示するには、プリセットをクリックし、日付の左側にある矢印をクリックします。

    同じ日付プリセットを使用して異なるタイムゾーンのデータを表示するには、タイムゾーンドロップダウン メニューで、必要なタイム ゾーンを選択します。 選択した同じタイムゾーンでレポートを作成および保存できます。

    1. メディアの種類でフィルタリングするには、「フィルタ」アイコンフィルターボタン をクリックします。
    2. メディアタイプを選択します。 
      メディアタイプのオプションで絞り込む

    選択したメディアタイプアイコンが列ヘッダーの上に表示されます。 

    ビューのデータはチャートに表示できます。 チャートを表示するには、チャートの表示/非表示アイコンチャートアイコンの表示・非表示をクリックします。

    トピックの列を表示または非表示にするには、 をクリックし、検索またはスクロールして表示する列を選択します。 

    トピックの列を並べ替えるには、列のヘッダーをクリックし、それをドラッグします。

    ビューをデフォルトの列設定に戻すには、ビューをデフォルトにリセット をクリックします。

    トピック欄は最大20個まで選択可能です。

    列に表示されるメトリクスの詳細については、この記事の「Available Columns 」セクションを参照してください。

    列に表示されるメトリックについての詳細は、以下の使用可能な列を参照してください。

    音声トランスクリプトコンテンツでフィルタするには、 フィルタ を選択し、検索またはスクロールして、使用するフィルターを選択します。

    コンテンツ検索フィルタ

    フィルター 説明
    メディア タイプ 使用されているメディアの種類。
    メッセージ タイプ 使用されている自動呼分配(ACD)メッセージタイプ。 
    ユーザー  内部ユーザーが警告されたまたは関与しました。
    差出人 インタラクションの送信元の番号。
    宛先 インタラクションが送信された番号。
    ANI ダイヤルした人の番号。
    DNIS インタラクションのためにダイヤルされた元の番号。
    アクセス区分 インタラクションに関連付けられているアクセス区分を表示します。 アクセス制御についてをご覧ください。
    方向 インタラクションがインバウンド、アウトバウンド、またはインバウンド/アウトバウンドのいずれであったか。
    キュー  関連付けられているキュー。
    フロー インタラクションが使用したフローの名前。
    フロー バージョン インタラクションが使用したフローの名前。

    利用可能な列

    カスタマイズによって、ビューに表示される列が決まります。

    列  説明
    インターバル インターバル開始日時
    通信 トピックと間隔の通信数。   
    合計インタラクション すべてのトピックのトータルコミュニケーション。
    ポジティブなインタラクション 平均センチメントが>= +20であるインタラクションの数。
    ニュートラル・インタラクション 平均センチメントが>= -20かつ< +20であるインタラクションの数。
    ネガティブなインタラクション 平均センチメントが<-20であるインタラクションの数。
    ポジティブ・インタラクション %. 全体的にポジティブなセンチメントスコア(>= +20)を持つ全インタラクションのパーセンテージです。
    ニュートラル・インタラクション %. 全体的な中立のセンチメントスコア(>= -20および< +20)を持つすべてのインタラクションのパーセンテージです。
    ネガティブなインタラクション 全体のセンチメントスコアがマイナス(-20未満)の全インタラクションのパーセンテージです。
    平均センチメントスコア インタラクションの平均センチメントスコアです。