ボットとの間でデータを渡す

フロー入出力変数を使用して、呼び出し、チャット、またはメッセージ フローと Architect ボット間でデータをやり取りします。 任意のロジックを追加し、式を構成して、フロー要件に基づいて値を返すことができます。 ただし、この例は、ボット フローとの間で特定のバランスを渡す方法を示しています。

 メモ:   このタスクは、新規または既存のコールフローまたは音声フローから、あるいは新規または既存のボットフローから直接実行できます。 この例は、既存のチャットフロー内からボットフローへデータを渡す方法を示しています。

意図の追加

目的を作成するには、次の手順に従います。

  1. ボットフローを作成するか、既存のボットフローを開きます。 [Bot フロー] ページが開きます。
  2. 以下 自然言語の理解、をクリックします。 意図.
  3. 新しい目的を追加するには、次の手順に従います。
    1. クリック 意図の追加.
    2. 目的に明確な名前を追加し、 保存.
    3. インスタンスを追加をクリックします。
    4. [Utterances]にフレーズを入力します。
    5. Enter を押します。 
    6. 追加の発話ごとに手順 c と d を繰り返します。 
  4. 次に、スロットを追加します。

通貨ステートメント変数を Bot フローに追加する

  1. Architect のホーム ページで、 フロー メニューを選択し、ボットフロー.
  2. 既存の Bot フローを開きます。
  3. チャットフローを開く 初期状態.
  4. チャットフローをクリックします コールボットフロー アクション。
  5. 以下 ボットフロー]で、 選択したフローを開く . Bot フローが新しいタブで開きます。
  6. [Architect]ツールボックスから、 データ更新アクション ボット フロー エディタにインストールします。
  7. クリック 更新ステートメントの追加 そして 通貨.
  8. [ 変数名 フィールドで、変数の名前を入力します。 例:Flow.AccountBalance。 
  9. 変数リンクをクリックします。 [変数の編集]ダイアログボックスが開きます。
     メモ:   変数が新しい場合は、名前を入力した後、画面上の任意の場所をクリックすると、名前が青色のハイパーリンクとして表示されます。 変数名をクリックします(例:Flow.AccountBalance)。 [変数の編集]ダイアログボックスが開きます。
  10. 変数をボット フローからの出力として構成します。
    1. 以下 変数オプションをクリックして、 フローからの出力 チェックボックスをクリックします。
    2. (オプション)変数に説明を追加します。 例:顧客アカウントの残高。
    3.  保存するをクリックします。
  11. [ 割り当てる値フィールド、値を追加します。 例えば、$500.00。
  12. 公開するクリックします。
  13. インバウンドチャットフローに移動し、ページを更新します。 この例の新しいCurrency updateステートメント、Flow.AccountBalanceが出力領域に表示されます。
  14. 新しい変数フィールドで、それをインバウンドチャットフローにバインドします。 この例では、Task.AccountBalanceと入力します。

チャットフローで変数を使用する

変数は、フロー作成者が使用できるようになりました。 [決定]アクションを追加して、情報を取得できます。 例:  

  1. をドラッグ 決定措置 [Bot フローを呼び出し] アクションの下に表示されます。
  2. [ ボックス、目的の例をバインドするには、次のように入力します。 Task.AccountBalance == 「口座残高を確認」.
  3. 決定アクションの下 パス、追加 応答アクションを送信.
  4. 以下 メッセージ本文をクリックして、[文字列ビルダー] ダイアログ ボックスを開きます。
  5. テキスト 「お客様のアカウント残高」と入力してください。
  6. データ ]フィールドに「State.AccountBalance」と入力します。
  7. フローを保存して公開します。

リアルタイムのチャットメッセージの結果は次のとおりです。 「お客様のアカウント残高は500ドルです。」

着信通話フローで意図をパスして使用する

  1. ボットフローに目的を追加する.
  2. 既存の通話フローを開きます。
  3. を ボットフローアクションの呼び出し訪問フローに誘導します。
  4. [通話 Bot フロー実行結果] エリアの 意図、変数名を追加; 例えば State.BotIntent(ステート・ボット・インテント).
  5. を 決定措置[Bot フローを呼び出し] アクションの下に表示されます。
  6. [ ボックス、目的の例をバインドするには、次のように入力します。 State.BotIntent ==「予約」.
  7. 決定アクションの下 有 パス、追加ACDアクションへの転送.
  8. 適切なキューを選択します。
  9. フローを保存して公開します。