ボットコネクタアクションを呼び出す

前提条件 
  • 統合 > ズーム会議 > 表示 許可

アーキテクトメッセージングフローでボットコネクタの呼び出しアクションを使用します。 このアクションにより、メッセージフローを任意のボットソースと統合して処理し、インテントとスロットをアーキテクトに返すことができます。 このアクションを使用すると、 「ボットリスト」。 アーキテクトはこのリストを使用して、ボット名、バージョン、インテント、セッション変数などのフィールドにデータを入力し、呼び出しからの情報を顧客のボットに提供して処理します。

 メモ:   必ずソフトウェアエンジニアと協力して翻訳レイヤーを開発してください。 このレイヤーにより、サードパーティのボットがGenesys CloudAPIと通信できるようになります。
名前    説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。
ボット入力テキスト Lexボットに送りたいテキストを入力してください。 デフォルトの入力テキストはMessage.Message.Bodyです。
フォローアップ応答タイムアウト

Lexボットは、ユーザーからフォローアップ情報を取得する必要があります。 ここで、ボットがユーザーの応答を待つ時間を入力します。

デフォルトの応答タイムアウトは12時間で、最小許容値は0秒です。 システムは、 または即時の負の期間。

 メモ:   注意:フォローアップ応答タイムアウトは各顧客の応答に適用されます。 顧客が応答してボットから別のプロンプトを受信するたびに、タイムアウトはリセットされます。

たとえば、ボットが「希望の日付は何ですか」と尋ねた場合、顧客からの応答を最大12時間待ちます。 12時間の時間枠内の日付とボットの回答と顧客応答した場合、「ありがとう、あなたは別の選択肢を持っているか、」フローは再起動しタイムアウト 。 フローは代替日付に関する応答をさらに12時間待ちます。

ボット統合 フローで使用するボット統合の名前。
ボット名

フロー内で呼び出すLexボットの名前。

ボット バージョン あなたが使いたいLexボットの特定のバージョン。 このバージョンは、AWSコンソールで作成した、ボットの特定のバージョンを指すエイリアスです。
セッション変数

あなたがLexボットに渡すことができる情報。 変数の名前と割り当てる値を入力します。 複数の変数を追加したり、それらを並べ替えることができます。

最も一般的には、完成したインテントでAWS Lambda関数を開始するボットにセッション変数を使用します。 このプロセスにより、AWS Lambdaは操作を実行するために必要なコンテキストを確実に受け取ることができます。

インテント

このセクションに表示されるオプションは、Lexボットで構成されたロジックを反映しています。 各意図は実行するアクションを表します。 たとえば、ホテルの予約(BookHotel)や花の注文(OrderFlowers)などです。 各インテントパスは、タスクエディタのCall Lex Botアクションの出力パスと一致します。

各意図の下に、Architectは構成されたLexボットスロット、またはユーザーが意図を満たすために提供しなければならないデータを表示します。 例としてBookHotelの意図を使用すると、スロットには、場所、チェックイン日、部屋タイプ、および宿泊数を含めることができます。 ユーザーがBookHotelパスを選択した場合、Lexボットはそのパスに関連付けられたスロットを提供します。

失敗の出力

Lexボットから返された失敗データの値に割り当てたい変数を選択します。

データ値 変数
errorType
  • FeatureNotEnabledError: Call Dialog Engine Botアクションは、組織では使用できません。
  • 内部サーバーエラー: Call BotConnectorアクションの処理中に予期しないエラーが発生しました。 通常、受信した応答は無効な形式です。 連絡先 Genesys Cloudカスタマーケア.
  • NoInputError: ユーザー入力なしで、Call Dialog Engine Botアクションがタイムアウトしました。
  • NoMatchError: ボットが受け取ったユーザー入力は、どの文法要素とも一致しませんでした。
  • VersionMismatchError: ボットから成功を受け取りましたが、不一致が発生しました。 たとえば、返されたインテントは、アクションで設定されたインテントと一致しませんでした。 フローを再ロードして再公開してください。
エラーメッセージ: ローカライズされていないメッセージ。 この文字列変数は、空またはNOT_SETにすることができます。

 メモ:   変数のリストを展開または折りたたむには、横の矢印をクリックします 失敗の出力.

成功パスと失敗パスを構成する

名前    説明
インテント出力パス

目的に合った出力を設定します。 このパスは アクションが外部エンドポイントと正常に通信し、結果を受け取ったこと。  すべてのLexボット出力変数は文字列型です。

インタラクションを実行するルートをたどるインテントパスの下に適切なアクションをドラッグします。 

障害出力パス

このパスは、アクションの実行中にエラーが発生したか、または結果の処理中に問題が発生したことを示しています。  

 メモ:   ネットワークで接続の問題が発生した場合、このアクションは自動的にこの失敗経路をたどります。

対話を実行する経路を指示するFailureパスの下に適切なアクションをドラッグします。 たとえば、インタラクションをエージェントに送信して援助を求める転送アクション