私の開発ビュー

[マイ開発]ビューには、割り当てられた、進行中の、完了したコーチングの予定と情報学習モジュールに関する情報が表示されます。 割り当て者、割り当て日、完了日、期日、ステータスなど、詳細なコーチングの予定と学習モジュールの情報を表示します。

コーチングの予定と学習モジュールの詳細情報を表示するには、をクリックします パフォーマンス >> ワークスペース >> 私の パフォーマンス 次にクリックします 発達。 フィルタと列コントロールを使用してビューをカスタマイズします。

フィルターと列の設定でビューを保存するには保存するをクリックします

データをエクスポートするには ビューで、 書き出すをクリックします。 

タブをクリックして、 私のパフォーマンス, 私の評価そして 私のスケジュール 表示モード。 

このビューは自動的に更新されません。 最新のデータを表示するには、更新するをクリックしてください。

選択した期日または完了日の範囲に割り当てられたモジュールのリストがこのビューに表示されます。 割り当てられたモジュールを開くには、モジュールの名前をクリックします。 日付の範囲または日付のタイプを変更するには、リストの上にある日付をクリックして、プリセットの1つを選択するか、カスタムの日付範囲を入力します。
から学習モジュールを自分に割り当てるには 私の開発 表示、クリック モジュールの割り当て 利用可能な学習モジュールのリストから選択します。 
権限を持つユーザー コーチング >> 予定 >> 追加 自分でコーチングの予定を作成できます。

スケジューリング手順を完了します。 コーチングの予約のスケジュールの詳細については、を参照してください。 コーチングについて、 と コーチングの予定を立てる

ビューをカスタマイズする

特定のデータのみを表示するようにDNISパフォーマンスビューをカスタマイズします。 たとえば、特定の列のみを表示するか、フィルターを選択して、特定のタイプのコーチングの予定と学習モジュールのデータを表示することができます。 カスタマイズは、表示を終了して表示に戻っても有効です。 また、フィルターと列の設定を保存したビューとして保存し、同じビュー内の目的の異なるデータをすばやく切り替えることもできます。 

ビューには、ビュー用に選択された日付範囲のコーチングの予定と情報学習モジュールのデータが表示されます。

日付フィルターを使用して、エージェント開発の詳細ビューをカスタマイズします。

を選択 基準日 でビューをフィルタリングするには 期日 コーチングの予定または学習モジュールの。 または、 完了日 コーチングの予定または学習モジュールが完了した日付でビューをフィルタリングします。

プリセットを使用して、日付でメトリックをフィルターするか、カスタムの日付範囲を設定します。

プリセットを使用してメトリックをフィルターするには、次の手順を実行します。

  1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
  2. [プリセット]リストで、プリセットの日付オプション選択します。

日付のプリセット

プリセット    説明
今日 現在のインターバルを含む期間のデータを表示します。
昨日 前日のデータを表示します。
今週 日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
先週 前週の日曜日から土曜日までのデータを表示します。
過去 7 日間 過去 7 日間のデータを表示します。
今月 現在の月のデータを表示します。余分な日はありません。
週別に今月 日曜日に始まり土曜日に終わる現在の暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。
先月 前の暦月のデータを追加日なしで表示します。
過去 30 日間 過去30日間のデータを表示します。
過去 3 か月 過去3か月間のデータを表示します。
1日24時間のデータを表示します。
日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
追加日なしで正確な月のデータを表示します。 現在の月が選択されている場合、現在の日付までのデータが表示されます。
週別の月 日曜日に始まり土曜日に終わる暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。

 

カスタムの日付範囲を使用してメトリクスをフィルタリングするには、次の手順を実行します。

  1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
  2. カレンダーで開始日と終了日を選択し、フィルター矢印をクリックします。
    日付ピッカーを適用する

 

同じ日付プリセットを使用して異なる期間のデータを表示するには、日付表示の両側にある矢印をクリックします。

たとえば、前日のデータを表示するには、プリセットをクリックし、日付の左側にある矢印をクリックします。

列を表示または非表示にするには、をクリックします 。次に、 検索またはスクロールして、表示する列を選択します。 

列を並べ替えるには、列見出しをクリックしてドラッグします。

ビューをデフォルト列設定にリセットするには、ビューをデフォルトにリセットをクリックします。

 

列に表示されるメトリックについての詳細は、以下の使用可能な列を参照してください。

コーチングの予定と学習モジュールのデータでフィルタリングするには、をクリックします フィルタ

フィルター    説明
開発役割

選択する ユーザーによる割り当て 別のユーザーによって割り当てられたエージェントのコーチング予定のデータを表示します。 

選択する 参加者 エージェントのコーチングの予定を表示したり、エージェントが割り当てられている情報学習モジュールを表示したりします。

選択する ファシリテーター エージェントが指導する責任があるコーチングの予定、またはエージェントが割り当てる責任がある情報学習モジュールを表示するため。 

開発ステータス

コーチングの予定または情報学習モジュールの現在のステータスごとにデータを表示します。 次の方法でフィルタリングできます。 完了進行中無効なスケジュール、 と 予定 ステータス。

開発タイプ

選択する 評価 スタンドアロン評価のデータを表示します。

選択する コーチング コーチングの予定のデータを表示します。

選択する 情報 学習モジュールのデータを表示します。

選択する 評価による学習 評価付きの学習モジュールのデータを表示します。

期限切れ

選択する はい 完了日が経過したコーチングの予定と情報学習モジュールを表示します。 スケジュールされている、進行中の、または無効なスケジュールの経過した予定とモジュール

選択する 番号 完了日が経過していないコーチングの予定と情報学習モジュールを表示します。

開発名

情報学習モジュール名でデータを表示します。 モジュール名をに入力します フィルタ名 検索フィールド。

 メモ:   開発フィルター名は、「名前」列に表示されている名前と一致しない場合があります。 学習モジュール名が変更された場合、新しい名前はフィルター名と一致しませんが、フィルターは正常に機能するはずです。

合格

選択する はい 合格した評価を表示します。

選択する 番号 失敗した評価を表示します。

 メモ:   開発名でフィルタリングするには、ユーザーに権限が必要です 学ぶ >> モジュール >> 意見

利用可能な列

カスタマイズによって、ビューに表示される列が決まります。

列     説明
列     説明
割り当て者 コーチングの予定または学習モジュールを割り当てたユーザーの名前。
割り当て日 コーチングの予定または学習モジュールの開始日時。
割り当て先 コーチングの予定または学習モジュールが割り当てられているエージェントの名前。
完了日 コーチングの予約または学習モジュールが完了した日付。
開発タイプ ディスプレイ コーチング コーチングの予定については、 学ぶ モジュールを学習するために、 評価 スタンドアロン評価の場合、または 評価による学習 評価付きのモジュールを学習するため。 
期日 コーチングの予定または学習モジュールの完了の目標日。 
ファシリテーター コーチングの予定を主導したり、情報学習モジュールをエージェントに割り当てたりする責任があるユーザー。
名前 コーチングセッションの名前または学習モジュールの名前。
期限切れ

ディスプレイ はい 完了日が経過したコーチングの予定と学習モジュール用。

ディスプレイ 番号 完了日が経過していないコーチングの予定や学習モジュールの場合。

ステータス コーチングの予定または学習モジュールの現在のステータスを表示します。 使用可能な値は次のとおりです。 完了進行中無効なスケジュール、 と 予定
結果 エージェントの評価結果を表示します。 可能なステータスは次のとおりです。 パス また 失敗
スコア エージェントの評価スコアを表示します。 スコアはパーセンテージで表示されます。

エクスポート用の追加列

エクスポートファイルには、次の3つの列があります。 

   説明
インターバル開始 エクスポート用に選択された期間の開始。
インターバル終了 エクスポート用に選択された期間の終了。
インターバル完了 エクスポートがインターバル終了後に実行された場合はtrue、それ以外の場合はfalse。
フィルター エクスポートに適用されるフィルター。