近日公開予定の機能: ユーザータイプ別にエージェントリストをフィルタリングする

前提条件

 以下の権限

  • Learning > Assignment > View
  • コーチング >任命 >見る
  • UI > スーパーバイザエージェントの詳細 > 見る 
  • グループ >> チーム >> 意見 (作業チームでエージェントリストをフィルタリングするため) 
  • ディレクトリ>ユーザ>表示 

エージェント開発の概要ビューには、コーチングの予定と情報トレーニングモジュールのメトリックが表示されます。 このビューには、計画、完了、延滞、無効なスケジュールなど、進行中のコーチングの予定とトレーニングモジュールの合計が表示されます。 コーチングの予定の作成とトレーニングモジュールの割り当てについては、を参照してください。 コーチングについてコーチングの予定を立てる、 と 開発およびフィードバックモジュールを割り当てる

ワークスペースにデフォルトのタイムゾーンを設定する

分析ビューを表示する前に、分析ワークスペースでデフォルトのタイムゾーンを設定できます。

ワークスペースでデフォルトのタイムゾーンを設定するには、次の手順に従います。

  1. パフォーマンス>ワークスペースをクリックします。
  2. 左側から、タイムゾーンドロップダウン メニューで、アナリティクス ワークスペースのデフォルトのタイム ゾーンとして必要なタイム ゾーンを選択します。

コーチングの予約とトレーニング モジュールの指標を表示するには、 パフォーマンス > ワークスペース > 従業員エンゲージメント > エージェント開発。 フィルタと列コントロールを使用してビューをカスタマイズします。

フィルターと列の設定でビューを保存するには保存するをクリックします。

データをエクスポートするには ビューで、 書き出すをクリックします。 

このビューは自動的に更新されません。 最新の指標を表示するには、をクリックします 更新

概要ビューから、詳細なエージェント開発情報にアクセスできます。 エージェント開発詳細ビュー を見るには、エージェントをクリックします。

ビューをカスタマイズする

特定のデータのみを表示するには、「エージェント開発サマリー」ビューをカスタマイズします。 たとえば、特定の列のみを表示するか、フィルターを選択して、特定のタイプのコーチングの予定とトレーニングモジュールのメトリックを表示できます。 カスタマイズは、表示を終了して表示に戻っても有効です。 また、フィルターと列の設定を保存したビューとして保存し、同じビュー内の目的の異なるデータをすばやく切り替えることもできます。エージェントの行で、をクリックします もっと モジュールを割り当て、アクセス可能な部門のエージェントにコーチングをスケジュールします。  

ビューには、ビュー用に選択された日付範囲のコーチングの予定と情報トレーニングモジュールのメトリックが表示されます。

アナリティクスのビューをカスタマイズするには、日付フィルタを使用します。

メトリクスを日付でフィルターしたり、カスタムの日付範囲を構成したりするには、プリセットを使用します。 このビューのメトリクスをフィルタリングする場合、最大 6 週間までのカスタム日付範囲を選択します。 

プリセットを使用してメトリックをフィルターするには、次の手順を実行します。

  1. 日付フィルタを表示するには、日付をクリックします。
  2. [プリセット]リストで、プリセットの日付オプション選択します。

日付のプリセット

プリセット 説明
現在のインターバル 現在の30分間のデータを表示します。
今日 現在のインターバルを含む期間のデータを表示します。
昨日 前日のデータを表示します。
今週 日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
先週 前週の日曜日から土曜日までのデータを表示します。
過去 7 日間 過去 7 日間のデータを表示します。
今月 現在の月のデータを表示します。余分な日はありません。
週別に今月 日曜日に始まり土曜日に終わる現在の暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。
先月 前の暦月のデータを追加日なしで表示します。
過去 30 日間 過去30日間のデータを表示します。
過去 3 か月 過去3か月間のデータを表示します。例えば、 2022年11月1日~2023年1月31日。
インターバル 30分間のデータを表示します。
1日24時間のデータを表示します。
日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
追加日なしで正確な月のデータを表示します。 現在の月を選択すると、現在の日付までのデータが表示されます。
週別の月 日曜日に始まり土曜日に終わる暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。

カスタムの日付範囲を使用してメトリクスをフィルターリングするには、次の手順を実行します。

  1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
  2. カレンダーで開始日と終了日を選択し、フィルター矢印をクリックします。

同じ日付プリセットを使用して異なる期間のデータを表示するには、日付表示の両側にある矢印をクリックします。

たとえば、前日のデータを表示するには、プリセットをクリックし、日付の左側にある矢印をクリックします。

同じ日付プリセットを使用して異なるタイムゾーンのデータを表示するには、タイムゾーンドロップダウン メニューで、必要なタイム ゾーンを選択します。 選択した同じタイムゾーンでレポートを作成および保存できます。

列を表示または非表示にするには:

  1. 右側の列を選択アイコンをクリックします。 の列の追加/削除ペインが表示されます。
  2. (オプション)列を昇順またはアルファベット順に並べ替えるには、並べ替え>列名 AZ 。 
  3. (オプション)列を降順または逆アルファベット順に並べ替えるには、並べ替え>列名 ZA
  4. (オプション)列を分類または分類解除するには、並べ替え有効または無効にするカテゴリ別にグループ化トグル。 画像をクリックして拡大します。

    列を追加または削除するときに表示される並べ替えオプション
  5. 検索またはスクロールして、表示する列を選択します。
     メモ:   キーボード ナビゲーションを使用して列を選択することもできます。
  6. 保存するをクリックします。 選択した列が画面に表示されます。
     メモ:   列の選択は変更を保存した後にのみ表示され、テーブルにすぐには適用されません。

      列を並べ替えるには、列ヘッダーをクリックしてドラッグします。

      ビューをデフォルトの列設定に戻すには、ビューをデフォルトにリセット をクリックします。

      最大 20 列まで選択できます。

      列に表示される指標の詳細については、利用可能な列この記事のセクション。 

      列に表示されるメトリックについての詳細は、以下の使用可能な列を参照してください。

      開発タイプと開発名でフィルタリングするには、をクリックします フィルタ

      選択する 評価 評価の質問が関連付けられているモジュールの場合。

      コーチングアポイントのデータを表示するには、 Coaching を選択します。

      学習モジュールのデータを表示するには、学習 を選択します。

      関連する評価問題を持つ学習モジュールのデータを表示するには、Learning with Assessment を選択します。

      開発名でフィルタリングして、トレーニングモジュール名でデータを表示します。 モジュール名をに入力します フィルタ名 検索フィールド。

      表示したいユーザー名を入力するには、Filter user(s) 検索アイコン をクリックします。 あなたはでフィルタリングすることができます ユーザー 名前、 分割 名前、 グループ 名前、 作業チーム 名前、 役割、または 位置。 名前を入力すると、 検索結果に提案された名前が表示され、右側にフィルタリングタイプが表示されます。 入力するときはユーザー名を、あなたも選択することができます に報告する フィルタリングタイプ。 ユーザーの直属部下を表示します。 ビューに追加する追加のユーザーを入力して選択し続けることができます。 

      複数のユーザーを選択してフィルターする

      複数のユーザーを選択してフィルターリングできます。 

      1. ユーザーの行で、チェックボックスを選択します。
      2. フィルターに追加するユーザーチェックボックスを引き続き選択します。 
      3. フィルターに追加をクリックします。

      サマリー行を使用して複数のユーザーの集約メトリクスを表示するには、複数のユーザーを検索して選択します。 要約行には、選択されたユーザーの集約メトリクスが表示されます。 

       メモ:   サマリー行は、一度に最大50のエージェントの集計データを入力することができます.

      エージェントリストをユーザータイプでフィルターリングするには、左上隅のアクティブユーザー フィルターから必要なユーザータイプのいずれかを選択します:

      • アクティブなユーザー (デフォルト) - エージェントリストから組織内のアクティブエージェントのみをフィルターリングします。
      • 非アクティブなユーザー - エージェントリストから、組織内の非アクティブなエージェントのみをフィルターリングする。
      • アクティブおよび非アクティブなユーザー - エージェントリストから、組織内のアクティブなエージェントと非アクティブなエージェントの両方をフィルターリングすることです。
      • 削除されたユーザー - エージェントリストから、組織内の削除されたエージェントのみをフィルターリングするため。

       メモ:   削除されたユーザーは、ユーザー名で絞り込むことができ、アクセス区分、グループ、場所、直属の部下、役割、ワークチームなど、他のユーザーフィルターで絞り込むことはできません。 

      利用可能な列

      カスタマイズによって、ビューに表示されるカラムが決まります。

      列  説明
      列  説明
      エージェント

      ユーザーのフルネーム。

      完了 選択した間隔で完了したコーチングの予定と情報トレーニングモジュールの数。
      アクセス区分 エージェントまたはキューが属する部門の名前を表示します。 詳細については、 代替の概要。 
      メール

      用に構成された電子メールアドレスユーザー 。

      ID

      一意のシステムID ユーザー 。

      進行中 進行中のコーチングの予定と情報トレーニングモジュールの数。
      無効なスケジュール WorkforceManagementに有効なエージェントスケジュールがないスケジュール済みおよび進行中のコーチングアポイントメントの数。
      メディア タイプ エージェントに許可されているメディアタイプのアイコンを表示します。
      期限切れ 完了日が経過したコーチングの予定と情報トレーニングモジュールの総数。 これには、スケジュールされている、進行中の、または無効なスケジュールを持つ、経過した予定とモジュールが含まれます。
      計画済み スケジュールされたコーチングの予定と割り当てられた情報トレーニングモジュールの数。
      プレゼンス エージェントのユーザーステータスのプレゼンスインジケータを表示します。
      ステーション

      エージェントがステーション関連付けられているかどうかを示すアイコン。 アイコンにカーソルを合わせると、ステーション名が表示されます。

      この列は、エクスポートされた CSV ファイルまたは PDF レポートに含まれません。

      合計 計画中、進行中、完了、延滞、および無効なスケジュールを含む、コーチングの予定と情報トレーニングモジュールの合計。 
      合格 選択した期間中に合格した評価の数を表示します
      失敗 選択した期間中に失敗した評価の数を表示します。
      スコア エージェントの集計評価スコアを表示します。

      エクスポート用の追加列

      エクスポートファイルには、次の3つの列があります。 

      説明
      インターバル開始 エクスポート用に選択された期間の開始。
      インターバル終了 エクスポート用に選択された期間の終了。
      インターバル完了 エクスポートがインターバル終了後に実行された場合はtrue、それ以外の場合はfalse。
      フィルター エクスポートに適用されるフィルター。