PureCloud組み込みクライアントを使用したPureCloud組み込みの管理


注意:この記事は、PureCloud埋め込みフレームワーク、Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、PureCloud、およびSalesforce、およびPureCloud forXABYXZZZZZに適用されます。

あなたはの埋め込み管理できるPureCloud制限すると、他のアプリケーションでPureCloudに設定埋め込みPureCloud 。この設定により、他のアプリケーションがPureCloudをiframeとして埋め込むことができなくなります。しかし、 PureCloud埋め込まれたクライアントは、アイフレームがあり、この設定を有効にすると防止PureCloudサードに表示されてから埋め込まれたクライアントを相手の製品。

デフォルト 、制限PureCloud埋め込みは、あなたの中で有効になっていないPureCloud組織。PureCloud組み込みクライアントを使用する場合、この設定を有効にする前に、組み込みクライアントがアクセスするドメインをPureCloud組織のドメインホワイトリストに追加します。これらのドメインを追加しないと、組み込みクライアントは機能しません。

重要: 有効または無効にするとき PureCloud埋め込みを制限する、変更を有効にするには、ユーザーはログアウトしてから組み込みクライアントに再度ログインする必要があります。

設定を有効にしてドメインを追加するには、次の手順を実行します。

  1. PureCloudで、クリック 管理者
  2. アカウントの設定s、クリック 組織の設定
  3. クリック 設定 タブ 。
  4. の中に セキュリティとコンプライアンス セクションで、設定を有効にし、ドメインを追加します。
    1. クリック PureCloud埋め込みを制限する
    2. ドメインを追加する 埋め込み可能なドメインを許可

次の表に、各PureCloud組み込みクライアントがアクセスできる必要があるドメインを示します。

PureCloud組み込みクライアント ドメイン
PureCloud埋め込み可能フレームワーク 親ドメイン。
PureCloud for Chrome chrome-extension:// onbcflemjnkemjpjcpkkpcnephnpjkcb
PureCloud for Firefox moz-extension://*
PureCloud for Salesforce *。 Salesforce.com、*。force.com
PureCloud for Zendesk *.zendesk.com,*.zdusercontent.com

PureCloud埋め込みの制限の詳細については、 PureCloud埋め込みを管理する

統合の詳細については、 約PureCloud ブラウザーの拡張機能、 PureCloud Embeddable FrameworkについてPureCloud for Salesforceについて、そして PureCloud for Zendeskについて