人の管理ページ

前提条件

 以下の権限

  • ディレクトリ>ユーザー>追加
  • 一般>管理者

管理人はする追加し削除人と同様個人で設定を編集できるをページします。 このページを開くには

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 人と許可、 クリック 人。
  3. ユーザー設定を編集するには、次の手順に従います。
    1. 変更したいユーザーに移動します。
    2. クリック もっと 。 
    3. 表示されるメニューから、をクリックします 人を編集

コントロールと列

この表は、[ユーザーを管理]ページで使用可能なコントロールについて説明しています。

コントロールまたは列 アクション
[フィルター] メニュー

リストをフィルタリングして、アクティブ、非アクティブ、アクティブと非アクティブの両方、または削除されたメンバーのみを表示します。 デフォルトでは、このビューにはアクティブユーザーと非アクティブユーザーが表示されます。

 メモ:   この機能は、ユーザーの再有効化や無効化などの一括更新を適用する場合に役立ちます。

検索フィールド キーワードマッチに基づいてユーザー物リストを並べ替えます。
Person] ボタンを追加します。 個人ユーザータブを選択した状態で、[組織にユーザーを追加]ウィンドウを開く。
一括インポート] ボタン [インポート]タブを選択した状態で、[組織にユーザーを追加]ウィンドウを開く。
状態設定ボタン

ユーザーの状態をアクティブ、非アクティブ、または削除に設定します。 詳しくは、複数のユーザーのステータスを設定する をご覧ください。  

注意: アクティブ状態のユーザーはGenesys Cloudにログインすることができ、課金サイクルに影響を与える。 詳細については、 請求に関するよくある質問を参照してください。 非アクティブなユーザーは、Genesys Cloudにログインすることができません。

招待を送信ボタン 受信していない、ログインしていないすべてのユーザーに招待状をEメールで送信します。
スキルの割り当て 一括でスキルを複数のユーザーに割り当てます。
名前 既存のユーザー 対応するリンクをクリックして、このユーザーの[ユーザーの編集]ページを開く。 ここでは、役割、部門とライセンス、ACDスキル、キュー、およびユーザー詳細を管理できます。 ユーザーの現在の権限も表示できます。
アクティブ この列のチェックマークは、管理者がこのユーザーを組織内でアクティブとして設定したことを示します。
ライセンス ユーザーに割り当てられている現在のライセンス。   の上にカーソルを合わせてユーザーに割り当てられているアドオンオプションを表示します。
最終ログイン ユーザーがGenesys Cloudにログインした直近の日付、またはユーザーがログインしたことがない場合。
 役割 ユーザーに割り当てられている役割の数。
Eメール このユーザーに関連付けられているEメールアドレス。
アクセス区分 ユーザーオブジェクトデータが属する部門。 
招待メールの最終送信日 管理者がGenesys Cloudへの参加をユーザーに招待した日付。
作業チーム

このユーザーが所属する作業チーム。

さらに表示

個人ユーザーのプロファイルを編集したり、パスワードをリセットしたり、その他の管理タスクを行うためのその他のオプションを含むメニューを開く。  

 メモ:   ユーザーを非アクティブに設定すると、Genesys Cloudはこのアカウントに対して組織に請求しなくなり、ユーザーはGenesys Cloudにログインできなくなります。