一度に1ユーザーずつ追加する


前提条件
  • ディレクトリ> ;ユーザー> ;すべて 権限 
  • 一般 > 人物管理 権限
  • 招待メールがスパムフォルダに届くのを防ぐため、IT部門に mypurecloud.com 信頼されたサイトのリストへのドメイン。
  • 氏名 および 電子メールアドレスGenesys Cloudでユーザーアカウントを作成する際に必要です。次の追加情報が望ましいですが、オプションです。
    • 役職
    • 部署
    • 勤務先電話
    • 管理者のメールアドレス*
    • オフィスの場所
    • 役割
    • キュー

* 使用するには、割り当てられたマネージャが必要です。 階層ビュー

新規ユーザーを作成すると、Genesys Cloudは、招待を今送信するか後で送信するかに関わらず、ステータスを自動的にアクティブに設定します。

[bs_collapse id=「collapse_60e9-af9f」]

一部の機能は、別のGenesysプラットフォームからGenesys Cloudのワークフォースエンゲージメントを申し込むお客様に利用できないか、互換性がありません。詳細については、以下を参照してください。 PureConnectおよびGenesys Engageユーザーのためのワークフォースエンゲージメント.

互換性の理由から、ベストプラクティスでは、別のプラットフォームのユーザーは次の機能を避けることをお勧めします。

  • 人を追加
  • ユーザーを削除
  • 一括インポート
  • 状態の設定
  • 招待を送信
  • スキルの割り当て/編集
  • キューを割り当てる
  • パスワードのリセット

絶対に必要でない限り、ユーザーはソース・プラットフォームで管理し、Genesys Cloudと同期する必要があります。Genesys Cloudで役割の設定と割り当てを実行する必要があります。



[/bs_collapse]

後で新規ユーザーに招待状を送信し、そのステータスを手動で非アクティブに設定すると、招待状を送信すると、Genesys Cloudは自動的にそのステータスをアクティブに変更します。

  1. クリック 管理者
  2. ユーザー許可の下のユーザーをクリックします。
  3. 人を追加をクリックします。[組織にユーザーを追加] ダイアログボックスが開きます。
  4. ユーザー タブをクリックします。
  5. 必須項目を記入してください そして Eメール フィールド 
  6. (オプション)をクリックして追加情報を入力します。 オプションのフィールド
    メモ:Managerフィールドはオプションですが推奨されています。Genesys Cloudでは、マネージャーの割り当てを使用して、階層ビュー.
  7. (オプション)個人をキューに追加するには、次の手順を実行します。
    1. キューを割り当てる目的のキューの最初の数文字を入力します。
    2. リストから選択してください。
    3. 個人を追加する追加のキューごとに、ステップabからabを繰り返します。
      注意:他の役割と一緒に、必ず従業員の役割を割り当ててください。通常、従業員の役割はデフォルトで割り当てられます。ただし、 ユーザー作成中に手動でロールを追加すると、従業員に割り当てられたデフォルト上書きされます。
  8. (オプション)個人に役割を追加するには、次の手順を実行します。
    1. 役割を割り当てる目的の役割の最初の数文字を入力します。
    2. リストから選択してください。
    3. 割り当てる追加の役割ごとにステップabからabを繰り返します。
  9. を選択して招待状を自動的に送信する 今すぐ招待状を送る
    メモ:あなたが追加する人は、招待を受け取るまでGenesys Cloudに参加できません。今すぐこれを実行しない場合は、後で覚えています。
  10. 作成するをクリックします。

関連タスク