Agent Time Off Request

前提条件

以下の権限:

  • ワークフォースマネージメント >エージェントのスケジュール >スケジュールの表示 (スケジュールの表示)
  • ワークフォースマネージメント>エージェントの休暇申請>送信 (休暇を提出する)

エージェントは、マイ スケジュール ビューの休暇申請ペインにあるスケジュールから休暇をリクエストできます。休暇申請機能では以下を実行できます。

  • 休暇申請の編集
  • 承認済みおよび保留中の休暇申請の表示
  • 適格な休暇申請をキャンセル

休暇申請の作成後は編集できません。ただし、申請をキャンセルして、オリジナルの申請が次の基準のいずれかを満たす限り、新しい申請を作成することができます:

  • 要求はまだ承認されていません
  • 要求は承認されていますが、将来の日付にスケジュール
  • 要求は拒否されました

エージェントのみが自分の休暇申請をキャンセルできます。休暇申請が承認または拒否されると、通知があなたの受信トレイに送信されます。

終日または一部日休暇申請が別の終日または一部日休暇申請と重複している場合、システムはエラー メッセージを返し、現在の申請を処理しません。

  • 部分休暇申請が複数の日数にまたがる場合、システムは各日に同じ時間を使用します。
  • 終日休暇申請を提出する場合は、1 日の日数を 時間および分で指定する必要があります。

休暇申請

要求した場合... その後…
完全な休暇または部分的な休暇が、別の完全な休暇または部分的な休暇申請と重複しています。 システムがエラーメッセージを返し、新しいリクエストを処理しません。

新しい休暇申請 = 午前 7 MM月dd日時~午前 11 時

既存の休暇申請 = 午前 10 MM月dd日時~午後 2 時

結果 = エラー メッセージが表示され、システムは新しいリクエストを処理しません。

休暇の一部は複数日に及ぶため、 申請の各日に同じ時間数が適用されます。

休暇申請日 = MM月dd日、6、7

要求された休暇時間= 4

結果 = リクエストされた合計時間は 12 時間 (毎日 4 時間) 

その日の最小の有給時間数より小さい有給の終日休暇、 申請は自動承認されていないため、手動で承認する必要があります。

要求された有給休暇時間 = 6

日に設定した最小有給時間 = 8

結果 = リクエストが保留ステータスに入り、手動承認が必要です。

有給部分休暇で申請があなたのシフト外にある場合 申請は自動承認されていないため、手動で承認する必要があります。

有給部分休暇申請の休暇時間 = 4

要求された時刻 = 02:00午後 ~ 06:00午後

あなたのシフト = 07:00午前へ 01:00午後

結果 = リクエストが保留ステータスに入り、手動承認が必要です。

有給休暇かつあなたのシフト内 (その日の一部の時間) 申請は自動承認される休暇制限内でなければなりません。

有給部分休暇申請の休暇時間 = 6

要求された時刻 = 01:00午後 ~ 07:00午後

あなたのシフト = 11:00午前へ 05:00午後

結果 = リクエストが設定された休暇制限内にない場合、リクエストは保留ステータスになり、手動承認が必要です。申請が設定された休暇制限内にある場合、システムはそれを自動承認します。

有給の休暇で勤務がスケジュールされていません。 リクエストは自動承認済みです。

無給休暇申請の休暇時間 = 8

シフト = 勤務予定なし

結果 = システムが申請を自動承認します。

無給休暇かつシフト内である場合 申請は自動承認される休暇制限内でなければなりません。

無給休暇申請の休暇時間 = 6

要求された時刻 = 09:00午前 ~ 03:00午後

あなたのシフト = 08:00午前へ 04:00午後

結果 = リクエストが設定された休暇制限内にない場合、リクエストは保留ステータスになり、手動承認が必要です。申請が設定された休暇制限内にある場合、システムはそれを自動承認します。

無給休暇があなたのシフト外に落ちた場合 リクエストは自動承認済みです。

無給休暇申請の休暇時間 = 4

シフト = 勤務予定なし

結果 = システムが申請を自動承認します。

連続した日付範囲の休暇で、いずれかの日付を勤務する予定がありません。 申請は自動承認される休暇制限内でなければなりません。

休暇申請日 = MM月dd日、6、7

要求された休暇時間 = 8

勤務予定の日付 = MM月dd日および MM月dd日

結果 = リクエストが設定された休暇制限内にない場合、リクエストは待機リストに登録されます。申請が設定された休暇制限内にある場合、システムはそれを自動承認します。

注意:リクエストが待機リストに登録されないようにするには、水曜日を休暇申請から除外してください。

休暇申請についての詳細は、休暇申請ペイン を参照してください

休暇制限

  • 他の管理単位に移動すると、承認された休暇申請があなたと一緒になります。リクエストにより新しい管理単位における休暇制限が減り、古い単位が増加します。
  • 管理単位を離れると (例えば、雇用が終了するなど)、承認された休暇申請が自動的に削除されます。休暇申請の有給時間は、その管理単位に対して利用可能な休暇制限を増加させます。

休暇制限の詳細については、休暇制限を使用した作業を参照してください

注意:エージェントは、自分の人員管理スケジュールを表示したり、Android または iOS デバイスから休暇申請を送信または表示したりできます。モバイルアプリケーション Genesys Tempo™をダウンロードするには、 人員管理スケジュールのモバイルアプリ.

モバイルアプリでのスケジュール、休暇申請、および設定の管理の詳細については、以下を参照してください。

休暇申請のサマリーを表示するには:

  1. マイ スケジュール ビューで、休暇申請 をクリックします。このウィンドウには、保留中の要求、現在の週に予定されている休暇、および今後の要求が表示します。
  2. 要求の詳細を表示するには、要求をクリックします。

    待機リスト ポジション: 休暇申請の変更は待機リスト上のあなたのポジションに影響する可能性があります。時折確認されることをお勧めします。

    保留中のステータス アイコン:
    • 保留中 (?): 制限または休暇プランが設定されていません。申請は管理者の承認を待っています。
    • 保留中 (!): 休暇計画が設定されていますが、申請が 1 つまたは複数の自動承認ルールに違反しています。
    • 保留 (時間): 休暇プランが設定され、リクエストが有効で、キャンセル待ちリストが自動承認されるまで待機しています。
    ステータス
    申請のステータス 定義
    承認済み 管理者がリクエストを手動で承認しました。
    自動承認済み 自動承認ルールを使用して、システムが申請を自動的に承認しました。
    拒否されました 管理者がリクエストを手動で拒否しました。
    保留中 リクエストは管理者からの手動介入を待っています。
    保留中 - 待機リスト ウィンドウが閉じられました キャンセル待ちのウィンドウが閉じられたため、リクエストが期限切れになりました。
    保留中 - 持続時間が無効です エージェントがリクエストした日次持続時間がエージェントのスケジュールされた時間に準拠していないため、システムは自動的にリクエストを承認できませんでした。エージェントが現在スケジュールされていない場合、システムはエージェントが関連付けられている作業計画に対して持続時間をチェックします。作業計画の交替では、システムは休暇申請の日付と割り当てられた交替に従って正しい作業計画も選択します。
    保留中 - 待機リスト 上限の利用可能時間待ちのため、システムは自動的にリクエストを承認できませんでした。待機リスト ウィンドウが閉じる前に空き状況が表示されると、システムはリクエストを自動承認します。
    保留中 - シフト外 作業計画のシフトと互換性がないため、システムは自動的に申請を承認できませんでした。
    保留中 - キャンセル待ちリストから削除されました リクエストはキャンセル待ちリストに関連付けられていません。例えば、エージェントが別の管理単位に移動し、別の管理単位に自動承認のために設定された一致する休暇計画がない場合です。

  3. 承認済み、拒否、および保留中のすべての要求の一覧を表示するには、 すべての要求の表示 ウィンドウの下部にあります。
  4. [概要] リストに戻るには、 要求の概要の表示.

  1. 休暇申請を追加 
  2. から、 休暇の種類 リストで、適切なタイプの休暇を選択します。
  3. 休暇の日付を選択するには、をクリックします 期間 アイコン。
  4. 該当の開始日と終了日をクリックし、 送信 
  5. 終日休暇申請を提出するには、以下を実行します。
    1. [終日]チェックボックスはオンのままにします。
    2. [1 日の長さ] 領域で、 時間 そして 上下の矢印は、毎日の時間を調整します。
  6. 部分的な休暇申請を提出するには、以下を実行します。
    1. [終日] チェックボックスをオフにします。
    2. [長さ] 領域で、上下の矢印 [時間] と [] をクリックして休暇の長さを調整します。部分的な休暇申請が数日間に及ぶ場合、Genesys Cloud は申請の毎日で同じ時間を使用します。
    3. [開始時間] ボックスで、上下の矢印をクリックして、休暇を開始する時間を選択します。Genesys Cloudは、選択した長さに基づいて終了時間を自動的に計算します。
  7. オプション下 ノート、要求の理由に関する詳細を入力します。
    メモ: 選択したアクティビティ コードが、制限に対して自動的に承認される休暇計画に関連付けられている場合、推定される待機リストの位置が表示されます。
  8. 保存するをクリック します。

: 終日または部分的な休暇申請が別の終日または部分的な休暇申請と重複している場合、Genesys Cloud はエラー メッセージを表示し、現在の申請を処理しません。

休暇申請は、次の場合にキャンセルできます。

  • 保留中
  • 承認済みですが、将来の日付にスケジュールされています
  • 拒否されました

適格なリクエストをキャンセルするには :

  1. マイ スケジュール ビューで、休暇申請をクリックします
  2. キャンセルする休暇申請を選択します。
  3. 休暇設定ペインから、申請のキャンセル を選択します。

メモ: リクエストしたエージェントのみが休暇申請をキャンセルできます。

保留中の休暇申請は、作成後にのみ編集できます。タイプ、日付、または期間を編集することはできません。ただし、元のリクエストが以下の条件のいずれかを満たしている限り、リクエストをキャンセルして新しいリクエストを作成できます。

  • リクエストはまだ承認されていません。
  • 要求は承認されていますが、将来の日付に対してスケジュールします。
  • 要求は拒否されました。

保留中のリクエストのノートセクションを編集するには :

  1. マイ スケジュール ビューで、休暇申請をクリックします
  2. 編集する休暇申請を選択します。
  3. メモを修正して [保存] をクリックします