オープンなメッセージングを開始する

    前提条件: 
    • Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud Digital Upgradeの3つです。
    • ご希望のメッセージングサービスまたは独自のメッセージングプラットフォームのあるアクティブなアカウント。
    • オープンメッセージを受信者メッセージサービスまたはプラットフォームの優先形式に変換するミドルウェア。

    オープン・メッセージングは、サードパーティ・システムと外部メッセージング・サービスによるメッセージングを容易にする軽量の統合です。 オープン・メッセージングは、Webhook を備えた API で構成されています。 オープンなメッセージングを開始する

    1. オープンメッセージング統合を構成する。 統合を構成するときは、サーバーでの認証にオープンメッセージが必要とするアウトバウンドWebhookURLとシークレットトークンを指定します。
    2. 発信メッセージを送受信します。 オープンメッセージが送信されると、API は設定したアウトバウンド Webhook に転送します。 そこから、ミドルウェアは、サードパーティシステムや外部メッセージングサービスで消費するメッセージを準備し、顧客がメッセージを受信します。
    3. 受信メッセージを送信します。 顧客は、サードパーティのシステムまたは外部メッセージングサービスを使用して、ミドルウェアにメッセージを送信します。 ミドルウェアはAPIを使用してGenesysCloudにメッセージを送信します。 
    4. Webhook通知を検証する。 セキュリティ上の理由と、Webhook通知がGenesysからのものであることを検証するために、アウトバウンドWebhookに到着するWebhook通知を検証できます。

    詳細については、以下を参照してください。 設定 Genesys Cloud開発者センターで