オープンメッセージング統合を構成する

前提条件:
  • Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud Digital Upgradeの3つです。
  • メッセージング > 統合 > すべて 許可 
  • ご希望のメッセージングサービスまたは独自のメッセージングプラットフォームのあるアクティブなアカウント。
  • オープンメッセージを受信者メッセージサービスまたはプラットフォームの優先形式に変換するミドルウェア。

オープン・メッセージングは、Webhook を備えた API で構成されています。 オープンメッセージング統合の構成は、 オープンメッセージングを開始する

オープンメッセージング統合を設定するには:

  1. 管理をクリックします。
  2. メッセージクリック プラットフォーム
  3. クリック プラットフォームを追加.
  4. クリック 追加する LINEメッセージングタイルで。 [回線メッセージング]ページが表示されます。
     メモ:   Facebookメッセンジャーのアイコンの横にあるステータステキストが表示されます 新着.
  5. の中に 名前 ボックスに、Facebook Messenger統合に割り当てる名前を入力します。
  6. の中に アウトバウンド通知WebhookURL ボックスに、外部サービスがアウトバウンドメッセージ(たとえば、POST / api / v2 / contexts / messagesを介して統合で送信されたメッセージ)を受信するURLを入力します。 これは、本文を使用してPOSTリクエストを受け入れる一般公開のURLです。 詳細については、以下を参照してください。 プラットフォームAPI Genesys Cloud開発者センターで

    メモ:   カスタムポートは使用しないでください。 ポート443のWebhookURLのみが機能します。
  7. の中に 送信通知Webhook署名シークレットトークン ボックスに、送信通知WebhookURLに送信されるWebhookリクエストのX-Hub-Signature-256ヘッダー生成にシークレットを入力します。 秘密のために、あなたはあなたが望む任意の、しかし十分にランダムな文字列を選ぶことができます。 外部サービスは、シークレットと署名を使用して、GenesysCloudから発信されたメッセージを検証する必要があります。 この検証はオプションですが、推奨されます。 検証の詳細については、を参照してください。 Webhook通知を検証する Genesys Cloud DeveloperCenterにあります。
  8.  保存するをクリックします。
  9. [サポートされるコンテンツ]リストで、 サポートされているコンテンツプロファイル。 サポートされているコンテンツプロファイルを選択しない場合、統合ではデフォルトのコンテンツプロファイルが使用されます。 
  10. クリック オフ 再び。