シリーズ: エージェントアシストの構成

Agent Assist Google CCAIをはじめよう

このドキュメントは、Agent Assist Google CCAI用です。 本機能は北米地域に限定されます。 Genesys Agent Assistについては、Genesys Agent Assistのドキュメントを参照してください。

前提条件
  • Edgeおよびメディア階層バージョン 10.0.9556以降。 Agent Assist Google CCAIは、クラウド型メディアサービスでのみ利用可能です。 Genesys Cloud VoiceおよびBYOC Cloudのクラウドベースのメディアサービスはすでに必要なバージョンを実行しています。
  • Google Cloud Platformアカウント
  • Genesysがお客様の組織でエージェントアシストGoogle CCAIを有効にしたことの通知

ノート: Agent Assist Google CCAI は いいえ オンプレミスのエッジ ソリューションで利用できます。

紳士は、Agent Assist Google CCAIを使用して、顧客との会話に基づく通話内容や提案をリアルタイムで取得することができます。 管理者は、Genesys Cloudの管理画面で、エージェントアシストGoogle CCAI統合の標準的な実装を簡単に設定・導入することができます。

Agent Assist Google CCAI の設定を始めるには。

  1. Google Cloud Platform(GCP)プロジェクトを構成する
  2. Agent Assist Google CCAI with Google Cloud integration を有効化します。
    1. Agent Assist Google CCAI with Google Cloud integrationをインストールします。
    2. GCPプロジェクトの自動許可リストをトリガーします。
    3. エージェントアシストGoogle CCAI統合IDを取得します。
  3. ナレッジ記事またはFAQをGoogleCloudStorageに追加します
  4. Google Cloud Agent Assist Google CCAI コンソールで会話プロファイルを作成する.
  5. プロジェクトのGCP権限を設定する
    1. Googleのクレデンシャルを見つけます。
    2. GenesysGCPサービスアカウントにIAM権限を付与します。
  6. GenesysCloudでエージェントアシスタントを構成する
    1. GenesysCloudでエージェントアシスタントを作成します。
    2. エージェントアシスタントにキューを割り当てます。
    3. トランクで回線のレコーディングを有効化

Agent Assist Google CCAIでの作業の詳細については、Agent Assist Google CCAIでの作業 を参照してください。