シリーズ: エージェントアシストの構成

  • お客様は、2024 年 8 月 31 日のサポート終了 (EOL) までこの機能を引き続き使用できます。
  • Google CCAI Agent Assist を Genesys Cloud で使用したいお客様は、Genesys Innovations チームによって開発され、2024 年 5 月 31 日までに利用可能になる代替製品 AI Connect for Google をご利用いただけます。 詳細については、 ps_expertapps_sales@genesys.com
  • 本機能は北米地域に限定されます。 Genesys Agent Assist は世界中で利用可能であり、Genesys Agent Assist のドキュメントを参照してください。
前提条件

ノート: Agent Assist Google CCAI は いいえ オンプレミスのエッジ ソリューションで利用できます。

Agent Assist Google CCAI 用の Google Cloud Platform (GCP) プロジェクトの作成と設定方法を説明します。 GCPプロジェクトは、 Agent Assist Google CCAI with Google Cloud integrationを有効にするために使用されます。 

Google CloudPlatformプロジェクトを作成して構成します

  1. 作成する GCPプロジェクト 名前を付けます。 たとえば、「genesys-agent-assist」。
  2. を有効にする Dialogflow API GCPプロジェクト用。
  3. を有効にする データラベリングAPI GCPプロジェクト用。
  4. Agent Assist Google CCAI 用にサービスアカウント を作成します。 
  5. にアップグレードします 従量課金制DialogflowEssentials パッケージ。
    1. Google Dialogflowコンソールを開き、次のURLを使用してGCPプロジェクトに移動します。
      https://dialogflow.cloud.google.com/#/agent/${your-project-id} どこ $ {your-project-id} 手順1で作成したGCPプロジェクトの名前です。
    2. 開くには Dialogflowの料金プラン ウィンドウをクリックします アップグレード トライアル 左側のペイン。
    3. Essentials Edition、 クリック プランの選択

      ページがリロードされます。 左側のペインに表示されます Essentials –従量課金制 それ以外の トライアル無料