着信アーキテクトフローにスクリプトの選択を許可する


インバウンド propertyは、着信Architectコールフローがこのスクリプトを選択できるかどうかを決定します。

スクリプトを着信コールフローで使用できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. クリック 管理者

  2. コンタクトセンタークリック スクリプト

  3. スクリプトの名前をクリックしてスクリプトエディタで開きます。

  4. クリック スクリプト 落ちる。

    図はScriptsドロップダウンを示しています。

  5. クリック スクリプトのプロパティ

    スクリプトメニュースクリプトプロパティ

  6. クリック インバウンド プロパティグループ

    select-inbound-property-group

  7. スイッチを 有効 ポジション。

    有効位置にあるインバウンドトグルスイッチを示す図

  8. クリック スクリプト もう一度ドロップダウンします。

  9. クリック 保存する

メモ:

有効にする インバウンド スクリプトのpropertyはArchitect呼び出しフローがそれを選択することを可能にします。どの呼び出しフローでもスクリプトを呼び出して対話をスクリーンポップすることができます。ただし、Architect コールフローがスクリプトへ情報を送る必要がある場合は、スクリプトの変数はコールフローの変数と同じ名前とデータ タイプである必要があります。

Architectが制御をスクリプトに渡すと、コールフロー内の変数の値が対応するスクリプト変数に割り当てられます。割り当ては、スクリーンポップが発生する前に行われます。これを設定するには、スクリプトデザイナーとフロー作成者が変数に関する情報を交換する必要があります。

この手法の例は、Architectチュートリアルにドキュメント化されています。 上級レッスン:スクリーンポップスクリプトを作成してそれをコールフローに追加する