コール分析応答を作成する

前提条件

 以下の権限

  • アウトバウンド > レスポンスセット > 追加する
  • アウトバウンド > レスポンスセット > 削除する
  • アウトバウンド > レスポンスセット > 編集する
  • アウトバウンド > レスポンスセット > 見る
  • Architect > Flow > Search

    1. 管理をクリックします。

    2. アウトバウンド、 クリック コール分析の応答

      コール分析ビューを図します。

    3. [新規作成] をクリックします。  

    4. に一意でわかりやすい名前を入力します コール分析応答名 箱。 この名前にはスペースや特殊文字を含めることができますが、一意である必要があります。

      図は、コール分析応答エントリに名前を付ける方法を示しています

    5. 通話の接続後にシステムで通話分析を有効にしたくない場合は、[ 接続後の通話分析を無効にする。 通話が接続されると、システムは、通話が接続された後のすべての通話分析を無効にし、留守番電話検出(AMD)も無効にします。
    6. ライブ音声と留守番電話をシステムで区別したくない場合は、クリックします留守番電話検出を無効にする. コールが接続されると、システムはマシンを評価せずにそれを転送します。
      注意: AMDが無効になっている場合でも、「ボイスプリント」を見つけることで多くの既知のデフォルトのキャリアメッセージをほぼ即座に識別できるため、システムはボイスメール/留守番電話の約3分の2がライブ音声応答アクションに移行するのを正確に防ぎます。 通常、すべての通話の約3%を占めるビジーキャリアのアナウンスとトーン、およびファックスも検出され、ライブ音声応答アクションを実行できなくなります。
    7. 転送オプションを選択し、ボイスメールのビープ音が鳴るまでシステムが応答を遅らせるようにする場合は、[ ビープ検出を有効にする

      メモ: 
      • 携帯電話のデフォルトの呼び出し音設定により、ビープ音が検出されるまで60秒待機するため、キャンペーンの無応答タイムアウトを60秒に延長することをお勧めします。
      • アーキテクトでは、 沈黙を検出する沈黙の中でオーディオを再生する コールフロー内のアクションを使用して、ライブまたはボイスメールの音声を検出し、フローがどのように進行するかを判断します。
    8. コール分析の結果ごとに、システムが実行する次のアクションのいずれかを選択します。

      • 電話を切る 通話を切断します。

      • 移行 次に利用可能なエージェントが応答できるように、呼び出しをキャンペーンのキューに返します。

      • 送信フローへの転送 選択したアウトバウンドフローに転送します。 事前に送信フローを作成します。 Architect。 

    9. 各コール分析結果にアクションを割り当てた後、をクリックしてください。 保存する


       メモ:   新しいコール分析応答が最大制限数1000を超えると、エラーメッセージが表示されます。 必要に応じて古いまたは古くなった通話分析応答を削除して[]をクリックします。 保存する 新しいコール分析応答設定を完了するために再度。