コール分析応答を作成する


前提条件

以下の権限:

  • アウトバウンド > ; レスポンスセット > ; 追加する
  • アウトバウンド > ; レスポンスセット > ; 削除する
  • アウトバウンド > ; レスポンスセット > ; 編集する
  • アウトバウンド > ; レスポンスセット > ; 見る
  • アーキテクト > ; フロー > ; サーチ

    1. クリック 管理者

    2. 発信ダイヤルクリック 呼解析応答

      コール分析ビューを図します。

    3. クリック 新しく作る

    4. に固有のわかりやすい名前を入力します。 コール分析応答名 ボックス。この名前にはスペースや特殊文字を含むことができますが、一意でなければなりません。

      図は、コール分析応答エントリに名前を付ける方法を示しています

    5. 各通話分析結果に対して、システムが実行するアクションを選択します。

      • 電話を切る 通話を切断します。

      • 転送 次に利用可能なエージェントが応答できるように、キャンペーンのキューに通話を返します。

      • 送信フローへの転送 選択したアウトバウンドフローに転送します。事前に送信フローを作成します。 Architect

    6. ライブ音声と留守番電話をシステムで区別したくない場合は、クリックします留守番電話検出を無効にする. とき 接続を呼び出すと、システムはマシンを評価せずに転送します。
    7. あなたは、転送を選択した場合はオプション 、システムが遅延したい応答ボイスメールビープ音の後まで、クリックを ビープ音検出を有効にする
      メモ
      • あなたは、あなたなしの答えを拡張することもできますタイムアウトでキャンペーンによると、60秒デフォルトビープ音を検出するために、60秒を待つために携帯電話の呼び出し音の設定。
      • Architectでは、 沈黙を検出 そして 無音でオーディオを再生する コールフローのアクションを使用して、ライブまたはボイスメールのスピーチを検出し、フローの進行方法を決定します。

    8. 各コール分析結果にアクションを割り当てた後、をクリックしてください。 保存する

      create_call_analysis_response_save

注意:新しいコール分析応答が最大制限数1000を超えると、エラーメッセージが表示されます。必要に応じて古いまたは古くなった通話分析応答を削除して[]をクリックします。 保存する 新しいコール分析応答設定を完了するために再度。