通話分析応答の概要

システムは、通話にライブの相手 または 参加者または留守番電話のどちらで応答したかを自動的に検出します。 コール分析応答キャンペーンを各検出結果の取るべきアクションを定義します。 管理者は各キャンペーンに応答セットを割り当て、キャンペーンで異なるアクションが実行されるように設定できます。

call-analysis-responses

このページを使用して、プレビュー以外のキャンペーンについて、Genesys Cloud Edgeが実行すべきアクションを定義します。 コール分析 結果。 たとえば、通話分析で、実際の人ではなく留守番電話が応答したことを検出したときに、電話を切るようにEdgeを設定できます。

この機能を設定するには、コール分析応答エントリを定義します。 次に、コール分析応答をキャンペーンに割り当てます。 キャンペーンを開始すると、応答テーブルが Edge に送信され、そのキャンペーンのコール分析結果を処理する方法が伝えられます。 各キャンペーンには独自のコール分析応答アクションを設定できます。

このビューを並べ替えるには、名前の列をクリックします。 [名前] の見出しにある三角形は、列が昇順と降順のどちらで並べ替えられるかを示しています。 リストをフィルタリングするには、名前の全部または一部を[ サーチ ボックス。 検索のテキストを入力しないと、列にはすべてのエントリが表示されます。

ビュー内の列

   説明
チェックボックス 編集や削除など、アクションにより処理される項目を選択します。  
名前 ハイパーリンクをクリックして、エントリのプロパティを開きます。 エントリのリストをフィルタするには、タイトルの全部または一部を サーチ ボックス。

手続き

ノート: 

システムは、ダイヤル番号がSIT Uncallableかどうかを自動的に検出します。 リダイヤルしません。

アウトバウンドダイヤルがコールを発信し、その後コールを発信する場合、コール分析はダイヤルされた電話番号がコール不可能であることを示す特別な情報トーンを検出します。 システムによって割り当てられます。 その後、その電話番号は、連絡先リストのその後のリサイクル時には再ダイヤルされません。

これは、キャンペーンに割り当てられているコール分析応答とは無関係に発生します。