コール分析応答を編集する

  1. 管理をクリックします。
  2. アウトバウンド、 クリック コール分析の応答
  3. 内のリンクをクリックします 名前 その値を表示する列。

    図は、エントリ名を開いて編集するためにクリックする場所を示しています

  4. オプションエントリの名前を変更するには、 コール分析応答名 ボックス。 この名前にはスペースや特殊文字を含めることができますが、一意である必要があります。

  5. (オプション)通話の接続後にシステムで通話分析を有効にしない場合は、[ 接続後の通話分析を無効にする。 通話が接続されると、システムは、通話が接続された後のすべての通話分析を無効にし、留守番電話検出(AMD)も無効にします。

  6. 応答アクション、コール分析結果に対して次のアクションのいずれかを選択します。

    • 電話を切る 通話を切断します。

    • 移行 次に利用可能なエージェントが応答できるように、呼び出しをキャンペーンのキューに返します。

    • 送信フローへの転送 選択したアウトバウンドフローに転送します。 事前に送信フローを作成します。 Architect

  7. (オプション)システムでライブ音声と留守番電話を区別したくない場合は、[ 留守番電話の検出を無効にする。 コールが接続されると、システムはマシンを評価せずにそれを転送します。

    注意: AMDが無効になっている場合でも、「ボイスプリント」を見つけることで多くの既知のデフォルトのキャリアメッセージをほぼ即座に識別できるため、システムはボイスメール/留守番電話の約3分の2がライブ音声応答アクションに移行するのを正確に防ぎます。 通常、すべての通話の約3%を占めるビジーキャリアのアナウンスとトーン、およびファックスも検出され、ライブ音声応答アクションを実行できなくなります。

  8.  保存するをクリックします。