Web チャット用のウィジェット作成する


Webメッセージング: 近日公開予定

前提条件
  • Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys Cloud 1 Digital Upgrade 1
  • ウィジェット > ; 展開 > ; すべて または ウェブチャット > ; 展開 > ; すべて 権限

ウィジェット作成して、 Web チャットチャットをWebサイトに追加して、顧客がWebブラウザーから直接エージェントとチャットできるようにします。各ウィジェットで作成された展開キーは、Genesys Cloudへのウェブサイト設定を識別します。Webサイトにウィジェットを追加するときは、展開キーを使用します。バージョン 1.0 および 1.1 ウィジェットおよび配置キーを Web サイトに追加する方法の詳細は、以下を参照してください。 ウェブチャット. Webサイトにバージョン2 ウィジェットとデプロイメントキーを追加する方法の詳細については、 ウィジェット-バージョン2

目的に応じて複数のウィジェットを作成できます。たとえば、Web サイトで顧客ジャーニーを追跡し、チャットを開始するように促すウィジェットを作成できます。 予測エンゲージメント. また、ユーザーがエージェントを使用してエージェントに連絡する前に、 サイト認証する必要があるウィジェット作成することもできますサイト 認証済みチャット。次に、別のウィジェット作成して、匿名ユーザーが一般的な質問を行えるようにします。

Genesys Cloudは、3つの異なるタイプのウィジェットをサポートしています。ニーズに基づいて、使用するウィジェットタイプを選択します。

  • バージョン2:予測エンゲージメントをサポートします。モバイルブラウザ向けに最適化。カスタマイズオプションを許可します。
  • バージョン1.1:認証されたチャットをサポートし、 HTTPチャットAPI。予測エンゲージメントはサポートしていません。
  • バージョン1.0:認証されたチャット、画面共有、およびコブラウズをサポートします。予測エンゲージメントはサポートしていません。
  • 第三者:Genesysによって開発されていないWeb チャットウィジェットのサポート。予測エンゲージメントはサポートしていません。

さまざまなウィジェットタイプの違いの詳細については、 ウィジェット機能比較

ウィジェットを作成するには、作成したいウィジェットのタイプに該当するセクションを参照してください。


  1. 管理者をクリックします。
  2. 下 コンタクトセンター、クリック ウィジェット
  3. クリック ウィジェットを作成
  4. 入力します 名前 そして 説明 展開のため。
  5. 選択する バージョン2
  6. (オプション) Web チャットを開始するドメインを指定します。
    1. クリック ドメインを追加
    2. たとえば、許可されたドメインを入力します https:// www。example.com
    3. クリック 追加.
    4. 許可するドメインごとにa〜cを繰り返します。

    注意:1つ以上のドメインを指定しない場合、すべてのドメインが許可されます。

  7. (オプション) ウィジェットをチャットフローに接続するには、 検索して、チャットフローを選択します フローへのルート。詳細については、 インバウンドチャットフロー概要.
  8. クリック 保存する

メモ
  • バージョン2のウィジェットは常にアクティブです。それらを無効にすることはできません。
  • バージョン2ウィジェットで完全な機能 機能性サポートするには、デベロッパーセンターで最新のスクリプトバージョンを使用してください。詳細については、 ウィジェット-バージョン2 デベロッパーセンターで。

  1. 管理者をクリックします。
  2. 下 コンタクトセンター、クリック ウィジェット
  3. クリック ウィジェットを作成
  4. 入力します 名前 そして 説明 展開のため。
  5. 選択する バージョン1.1
  6. ユーザーがWeb チャット開始する前にWeb チャットサイトでの認証を要求するには、有効にします 認証が必要
    [認証を要求]を有効にすると、認証URL ]ボックスが表示され、Genesys Cloudへの署名要求を行うWebサービスのURLを指定する必要があります。GitHub例については、 認証済みWeb チャットサーバーの例
  7. Web チャットインターフェイスがWebサイトでどのように表示されるかを指定するには、 チャットの外観 オプション :
    • ベーシック:これはオプションシンプルなインターフェイスを提供します。
    • モダン:これはオプションより現代的な外観を持っていると感じるのインタフェースを提供します。
      ベーシック モダン
  8. (オプション) ウィジェットをチャットフローに接続するには、 検索して、チャットフローを選択します フローへのルート. 詳細については、 インバウンドチャットフロー概要.
  9. クリック 保存する

デフォルトでは、Genesys Cloudはウィジェットの作成時にそのウィジェットをアクティブ化します。

バージョン1.1ウィジェットを非アクティブ化するには、Webサイトの開発者はまず、 ウェブチャットのスケジュールに提供された例. 次に、 ウィジェットがアクティブになっています スイッチをウィジェット構成画面で選択します。

    1. 管理者をクリックします。
    2. 下 コンタクトセンター、クリック ウィジェット
    3. クリック ウィジェットを作成
    4. 入力します 名前 そして 説明 展開のため。
    5. 選択する バージョン1.0
    6. ユーザーがWeb チャット開始する前にWeb チャットサイトでの認証を要求するには、有効にします 認証が必要
      [認証を要求]を有効にすると、認証URL ]ボックスが表示され、Genesys Cloudへの署名要求を行うWebサービスのURLを指定する必要があります。GitHub例については、 認証済みWeb チャットサーバーの例
    7. Web チャットインターフェイスがWebサイトでどのように表示されるかを指定するには、 チャットの外観 オプション :
      • ベーシック:これはオプションシンプルなインターフェイスを提供します。
      • モダン:これはオプションより現代的な外観を持っていると感じるのインタフェースを提供します。
        ベーシック モダン
    8. クリック 保存する

    デフォルトでは、Genesys Cloudはウィジェットの作成時にそのウィジェットをアクティブ化します。

    バージョン 1.0 ウィジェットを無効化するには、Web サイト開発者は、まず、 ウェブチャットのスケジュールに提供された例. 次に、 ウィジェットがアクティブになっています スイッチをウィジェット構成画面で選択します。

      メモ
      • あなたは第三使用することを選択した場合は相手 ウィジェット 、あなたが構築しなければならない独自のウィジェット 。
      • 第三相手のウィジェットは、このような無効化する機能など、カスタムオプション、持っていないウィジェットやチャットの外観を変更します。
        1. 管理者をクリックします。
        2. 下 コンタクトセンター、クリック ウィジェット
        3. クリック ウィジェットを作成
        4. 入力します 名前 そして 説明 展開のため。
        5. 選択する 第三者
        6. (オプション) Web チャットを開始するドメインを指定します。
          1. クリック ドメインを追加
          2. たとえば、許可されたドメインを入力します https:// www。example.com
          3. クリック 追加.
          4. 許可するドメインごとにa〜cを繰り返します。
            注意:1つ以上のドメインを指定しない場合、すべてのドメインが許可されます。
        7. (オプション) ウィジェットをチャットフローに接続するには、 検索して、チャットフローを選択します フローへのルート. 詳細については、 インバウンドチャットフロー概要.
        8. クリック 保存する


        注意:ウィジェット展開の最大数は25です。