プレビューキャンペーン概要のエージェント所有レコード

エージェントが所有するレコードを使用すると、エージェントは、プレビューキャンペーンでエージェントに直接割り当てられたアカウントを通じて作業できます。

エージェントの電子メールアドレスまたはユーザーIDを特定のレコードにリンクすることで、キャンペーンは各レコードをリストされたエージェントに割り当てます。 このアクションにより、エージェントは、コレクション、販売、患者管理などの領域で、割り当てられたアカウントで作業できるようになります。

次のビデオでは、プレビューキャンペーンのエージェントが所有するレコードの概要について説明します。

エージェントが所有するレコードの設定

エージェントが所有するレコードを使用してプレビューキャンペーンを実行するには、まず エージェント所有のルーティングが正しく機能するように、キューで優先エージェントルーティングを構成します。 詳細については、 優先エージェントルーティングの動作 記事と 高度なルーティングの概要.

次に、各レコードに関連付けられたエージェントの電子メールアドレスまたはユーザーIDの連絡先リストに列を含めます。 詳細については、 新しい連絡先リストを作成する 記事。 

メモ: 
  • エージェントが所有するレコードを含むプレビューキャンペーンのエージェントの最大数は200です。
  • 含まれるすべてのエージェントは、プレビューキャンペーンに関連付けられたキューに割り当てる必要があります。 連絡先がダイヤルのためにキューに入れられた後にキューに追加されたエージェントは、レコードを受信しません。 キャンペーンをリサイクルして、新しく追加されたエージェントにレコードを送信します。
  • 電子メールアドレスとユーザーIDの両方を含めると、キューに入れられた通話が並べ替えられ、電子メールアドレスを持つ連絡先またはユーザーIDのいずれかが他の連絡先よりも先にキューに入れられます。

連絡先リストにエージェントの列が記入されたら、 プレビューキャンペーンを作成する 記事。

キャンペーンリストをアップロードした後、 エージェント所有の列 リスト。

エージェント所有の列選択を表示します。

メモ: 
  • キャンペーンが作成されると、連絡先リストのエージェント所有の列フィールドについて、ダイヤルモード、キュー、または名前を更新できなくなります。
  • 作成後、ダイヤルモードをエージェント所有以外のキャンペーンに変更することはできません。

しくみ

エージェント所有のレコードを含むプレビューキャンペーンが実行されている場合、レコードは割り当てられたエージェントに配信され、各エージェントに対してキューのような状態が作成されます。

のエージェントで連絡先リストを並べ替えることはできません 連絡先の並べ替え. 他の列で並べ替えることができます。

各エージェントは、並べ替え順にレコードを受け取ります。 顧客に連絡を取るか、記録をスキップするかを選択できます。 

1つまたは複数のエージェントがリストを完了していない場合でも、エージェントが所有するレコードを含むキャンペーンをリサイクルできます。 未完了のリストは最初に開始され、エージェントは処理済みのレコードをスキップできます。

 メモ:   キャンペーンの実行中は、レコードのエージェント所有権を変更できますが、システムはキャンペーンが完了するまで変更を受け入れません。 キャンペーンがリサイクルされると、所有権は新しいエージェントに切り替わります。

[ 音声キャンペーンビューエージェントが所有するレコードを含むプレビューキャンペーンは、 エージェント所有のアイコン . このアイコンをクリックすると、無効なメール アドレス、ユーザー ID、エージェントがキャンペーン キューのメンバーではないなど、キャンペーンのエラーを監視できます。 これにより、レコードはエージェントに配信されません。

 メモ:   キュー内のエージェントまたはエージェントと一致しないレコードはスキップされ、処理されません。

以下を実行できます。 連絡先リストを追加して、キャンペーンをリサイクルせずに、メールアドレスやユーザーIDがないか、無効なアドレスやユーザーIDを追加します。

[ アウトバウンドキャンペーンダッシュボードでは、キャンペーンのエージェントレベルの進行状況を監視できます。

警告:  コールバックはキュー内の別のエージェントに送信できるため、エージェントが所有しているレコードでコールバックを使用しないことをお勧めします。 CRMで追加されたメモなど、別のフォローアップ方法を使用することをお勧めします。