内線によるダイヤル機能をメニューに追加する


内線番号を設定している場合は、発信者が内線番号を入力してすぐに接続できるようにするノードを追加できます。このオペレーションに割り当てるディジットはキャッチしたいと思う拡張の範囲の最初のディジットであるはずです。この数字が押されると、内線の最初の数字が認識されます。したがって、あなたの会社に 100-199 と 8000-8999 の拡張機能に割り当てられている従業員がある場合、2 つの拡張ダイヤル ノードを設定しなければ、1 つの数字 8 桁 1 と 1 つの。

注意:例として、このタスクでは、貴社には 100~199 の範囲と 8000~8999 の範囲で割り当てられた内線があると仮定します (あなたの実際の内線番号とメニューでそれらを特定する桁は異なる場合があります)。
  1. 新しいフローを作成するか、既存のフローを開きます。
  2. ツールボックスからドラッグします 内線番号でダイヤル メニューアクションに。
  3. の中に  テキストボックスに「Extensions 100-199」と入力します。
  4. クリック DTMF ボタンを押して、内線番号のグループの最初の番号を選択します。例と一致させるには、100~199 の範囲の番号に 1 を入力します。
  5. ユーザが内線番号を見つけるために任意のメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは任意のメニューからこのメニュー選択に行きます チェックボックス
  6. 音声認識において テキストボックス必要に応じて、メニューオプションに関連付けることができる単語やフレーズを追加します。
  7. 音声認識エンジンがコールフローのどこかで口頭の要求に一致した場合に発信者を現在のメニュー操作にすぐに送信するには 音声認識用語は、どのメニューからでもこのメニュー項目に移動します。 チェックボックス
  8. [拡張子データ名]テキストボックスに、次のように入力します。 呼び出し側によって入力された拡張子を保持する文字列変数の名前。
  9. の中に 桁間 タイムアウト ボックスに、タイムアウトするまで待機する秒数を入力します。デフォルトは6秒です。つまり、キーを押す間隔が6秒を超えると、ユーザーデータの入力が失敗します。
  10. の中に 発信者に再度プロンプトを出すために再生する音声 [音声シーケンス]ボタンをクリックして、通話がタイムアウトした場合に発信者に聞こえる音声リソースを設定します。

注意:オーディオリソースの設定方法の詳細については、 おすすめのコンテンツ

  1. の中に 発信者に再プロンプトを出す回数 ボックスをクリックするか、発信者に再確認を求める回数を入力または選択します。
  2. 8000 - 8999の範囲の拡張子のフォームを追加するために、手順2 - 10を繰り返します。場合手順 4、名前フォーム拡張 8000-8999 を繰り返します。5 の手順を繰り返す場合は、桁番号を 8 に設定します。