タスクに内線によるダイヤル操作を追加する


ツールボックスから[内線でダイヤル]アクションをタスクにドラッグすると、発信者がダイヤルして特定の内線に転送できるようにする機能を設定できます。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く タスクエディタを開きます。
  1. タスクエディタのツールボックスから、 内線番号でダイヤル タスクシーケンス内の目的の場所へのアクション。
  2. の中に 内線番号でダイヤル デザインフォーム テキストボックス アクションのわかりやすい名前を入力してください。この名前は、タスクワークフローの[内線番号でダイヤル]アクションの名前になります。
  3. の中に 拡張データ名 areaには、発信者が入力した内線番号を含む文字列変数の名前を入力します。
  4. の中に 桁間タイムアウト 領域、オプションでデフォルトを変更 Architectは、呼び出し側がキーを押すのを待つ時間(秒単位)です。
  5. の中に 発信者に再度プロンプトを出すために再生する音声 面積、s指定された期間内に発信者が数字を入力しなかった場合に再生するプロンプトを選択します。
  6. の中に 発信者に再プロンプトを出す回数 面積、オプションでse発信者が有効な内線番号を入力する必要がある機会の数を選択します。 切断します。
  7. タスクエディタで、失敗パスとタイムアウトパスを決定します。
  8. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。