[オーディオ シーケンスの編集] ダイアログ ボックスを使う


[オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスでは、シーケンスビルダーモードで簡単なシーケンスを作成することも、カスタム表現モードにアクセスして表現を使用してより複雑なシーケンスを作成することもできます。 [オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスの見出しは、現在メニュープロンプト、初期グリーティング、またはアクションに関連付けられているオーディオ要素を編集しているかどうかを示します。

シーケンスビルダーでオーディオシーケンスを作成するときは、シーケンスに追加する各項目を選択してから、各項目に適用する必要な設定を選択します。例えば、データの再生を選択した場合、[オプション] ドロップダウン リストにそのデータ型に適用される選択肢が表示されます。構築するオーディオ シーケンスは実際にはオーディオ式です。

カスタム式ビルダーに切り替えて、Architectがシーケンスから生成するオーディオ式を確認します。

注意:シーケンス ビルダーからカスタム式ビルダーに切り替えるとオーディオ式が生成されます。但し、カスタム式ビルダーからシーケンス ビルダーに切り替えても、カスタム式テキストを解釈することはなく、代わりにシーケンスを再設定します。モード間を切り替える場合は、注意を払ってください。詳細については、 表現のヒントとベストプラクティス

単純なオーディオ文字列をTTSとしてインラインで入力するか、入力を開始して選択可能なプロンプトの一覧を表示するか、または[オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスでオーディオシーケンスの編集ボタンを選択してオーディオシーケンスを追加できます。任意のオーディオ設定フィールド:

AudioButton

各機能の詳細については、下のセクションをクリックして展開してください。


[オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスで、シーケンスビルダーを使用して、音声、プロンプト、またはデータ操作にテキストの任意の組み合わせをすばやく追加できます。Architect はデフォルトでこのダイアログ ボックスをシーケンス ビルダー モードで開きます。

式を作成するときに、カスタム式ビルダーで作業中に式を編集しない限り、作業内容を失うことなくカスタム式ビルダーとシーケンスビルダーを切り替えることができます。この機能は、シーケンス ビルダーで設定したものから Architect が生成する実際の式を見たい場合に便利です。

警告注:カスタム式ビルダーで式を編集すると、Architectによってシーケンスがリセットされます。

画像をクリックします

シーケンスビルダーの詳細については、画像をクリックしてください。

メインのシーケンス
代替シーケンス
「プロンプトを追加」ボタン
データ追加ボタン
TTS追加ボタン
その他を追加ボタン
シーケンスオプションメニュー
音声リソースへのテキスト
データリソース
発現リソース
空白のオーディオリソース
プロンプトリソース


[オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスで、カスタムエクスプレッションビルダーを使用して、プロンプトおよびオーディオシナリオ用のエクスプレッションを作成できます。さらに、関数と演算子のヘルプにもアクセスできます。 あなたの表現に含めるべきオーディオ要素の包括的なリスト。ここでは、詳細な説明、例、および出力例を見ることができます。目的のオーディオの例をコピーしてオーディオシーケンスデザインフォームに貼り付け、表現に合わせて変更します。

式を作成するときに、カスタム式ビルダーで作業中に式を編集しない限り、作業内容を失うことなくカスタム式ビルダーとシーケンスビルダーを切り替えることができます。 この機能は、シーケンスビルダーで設定したものからArchitectが実際に生成する式を確認したい場合に役立ちます。

警告注:カスタム式ビルダーで式を編集すると、Architectによってシーケンスがリセットされます。

画像をクリックします

カスタムエクスプレッションで[オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスを使用する方法の詳細については、画像をクリックしてください。

式の編集エリア
メインシーケンス
代替シーケンス
関数と演算子のヘルプ
通貨リスト
言語コード一覧
リテラルリスト
データ一覧
シーケンスビルダーリンクに切り替える