オーディオ シーケンスをセットアップ


[オーディオシーケンスの編集] ダイアログボックスで、呼び出し元に再生するオーディオ要素の順序付けられたシーケンスを設定できます。Architect のシーケンス ビルダーで簡単なオーディオ シーケンスを構築するか、カスタム式ビルダーで式を使ってより複雑なシーケンスを作成できます。

デフォルトでは、Architect はシーケンスビルダで [オーディオシーケンスの編集] ダイアログボックスを開きます。カスタム式ビルダに切り替えるには、[ シーケンスオプションメニュー を右上隅に カスタム式に切り替え リンク。

注意:これらの手順ではシーケンス ビルダーでオーディオ シーケンスを構築していることが仮定されており、式ビルダーでオーディオを追加するとこれと同じ文字列がどのようになるかの例が示されています。


TTSまたはテキストからスピーチへの変換を使用して、Architectがスピーチに変換して発信者に読み返す単語または句を入力します。

  1. クリック TTS の追加. Architect は、テキスト読み上げフィールドを表示します。
  2. 呼び出し元のオーディオに Architect する単語または語句を入力します。
  3. 必要に応じて、別の TTS、プロンプト、またはデータ要素をシーケンスに追加します。

  • シーケンスビルダで、次のように入力します。 呼び出してくれてありがとう.
  • 式ビルダで、次のように入力します。 ToAudioTTS (「お電話ありがとうございます」)


事前に記録されたプロンプトを選択するか、ダイアログボックスから追加します。その場で 1 つを追加すると、プロンプトの編集のダイアログ ボックスが開きます。

  1. クリック プロンプトを追加. Architect は [プロンプト] フィールドを表示します。
  2. ドロップダウンリストから目的のプロンプトを選択します。

メモ: 新しいプロンプトを記録またはアップロードするには、 + ボタン。[プロンプトを作成] ダイアログ ボックスが開きます。プロンプトの記録の詳細については、 推奨コンテンツ.

  • シーケンスビルダで、次を選択します。 プロンプト。グリーティング ドロップダウンリストから削除します。
  • 式ビルダで、次のように入力します。 ToAudio (プロンプト. 挨拶)


作成したカスタム変数 (発信者の郵便番号など) を分析する Architect を指示するか、またはコールがフローに入った時刻を選択できます。または、発信者の ANI、DNIS、タイムゾーンなどのプリセット変数があります。

  1. クリック データを追加. Architect は [データ] フィールドを表示します。
  2. の端にある矢印をクリックします。 変数の選択 ドロップダウンリストを表示し、適切な属性を選択します。
  3. の端にある矢印をクリックします。 オプションを選択 ドロップダウンリストを表示し、属性の詳細を再生して呼び出し元に戻す方法を選択します。

メモ: ここで使用可能なオプションは、選択した変数に応じて変わります。

  • シーケンスビルダでは、 変数の選択 ドロップダウンリスト select Call を選択します。アニーから、 オプション ドロップダウンリストの選択 電話番号として.
  • 式ビルダで、次のように入力します。 ToAudioPhoneNumber (コール. アニ)


空白のオーディオを追加して、オーディオシーケンスの一時停止を作成できます。

  1. の端にある矢印をクリックします。 ドロップダウンリストを選択し、 空白のオーディオを追加.
  2. の端にある矢印をクリックします。 空白 ドロップダウンリストを表示し、空白のオーディオの適切な長さ (ミリ秒または秒単位) を選択します。

例:

  • シーケンスビルダでは、 空白 ドロップダウンリスト3秒を選択します。
  • 式ビルダで、次のように入力します。 ToAudioBlank (3000)


オーディオシーケンスに式を追加して、呼び出し元に情報を返すなどの特定の操作を実行できます。

  1. の端にある矢印をクリックします。 ドロップダウンリストを選択し、 式を追加.
  2. 式フィールドでは、次のいずれかを実行します。
  • 式を入力します。
  • [大きな式エディタ] をクリックし、[オーディオ表現] ダイアログボックスで、関数と演算子のヘルプまたはその他の要素ツールを使用して、完全な式を構成します。

例:

  • シーケンスビルダでは、 ボックスタイプ : ToAudioPhoneNumber( \"812-555-1234\").
  • 式ビルダで、次のように入力します。 ToAudioPhoneNumber( \"812-555-1234\").


メモ: 一部の言語は、名詞をフェミニン、男性的、中性、または一般的であると分類する文法的なジェンダーシステムを使用します。さらに、記事などの他の一部の音声認識する必要があります言語性別も同意します。パラメータの設定の詳細については、 サポートされている言語の性別固有のコンテンツを実行時に呼び出し元に対して TTS が再生する方法を指定するには、推奨されるコンテンツを参照してください。