音声シーケンスにおける性別の指定

アーキテクトは、プロンプトコンテンツの音声再生でサポートする言語について、性能仕様 を提供しています。 特定の性別コンテキストで番号を再生する必要がある場合、Architectには、フロー作成者が実行時にTTSがコンテンツを再生者に再生する方法を指定できるようにするパラメータが含まれます。 有効な性別の区分は以下の通りです。

  • マスキュリン: 男性の性別値を示します
  • フェミニン: 女性的な性別の値を示す

オーディオシーケンスを作成するときにデータ値のこれらの設定を構成します。 Edit Audio Sequence ダイアログボックスで、grammatical gender が適用されるデータエレメントを選択すると、ダイアログボックスに性別選択リストが表示されるようになりました。 次の表では、性別分類設定に適用される状況について説明します。

オーディオシーケンス言語 性別分類一覧 Architectの動作
メインシーケンス メインシーケンス言語が要求するかどうかにかかわらず、性別分類リストが表示される 性別分類がメインシーケンス言語に必要でない場合、Architectは構成された設定を無視します。
性別分類が必要な言語の代替シーケンス 性別分類リストが表示される Architectは、言語の代替シーケンス用に構成された性別分類設定に従います
性別分類を必要としない言語の代替順序 性別分類リストが表示されない 該当なし

フロー作成者は、Language.GenderやLanguage.Caseなどの組み込み言語変数からEnum値を使用して、言語に適した性別や大文字小文字を式で指定することができます。 言語コンテキストをサポートする関数のオーバーロードは、 アーキテクト表現ヘルプ

ボットフローを除くフロータイプ

オーディオ シーケンス エディターで、特定のデータ再生に適用する言語の文脈設定が利用可能であれば、[オーディオ シーケンスを編集] ダイアログ ボックスのオプションとして表示されます。  例は、次のセクションをクリックして展開してご覧ください:

画像をクリックして拡大します。

音声シーケンスにおける性別の選択

この例では、Data 要素をFrench Canada (fr-ca) value に対して設定すると、性別リストが表示されます。

メインシーケンス (この場合、英語 (en-US)) を選択すると、同じデータ要素値の性別リストが表示されますが、性別設定はこの言語では必要ないため、アーキテクトは構成済みの設定をすべて無視します。

最後に、性別の分類を必要としない言語(メインシーケンス以外)の代替シーケンスを有効にすることを選択した場合、このオプションは表示されません。 

ボットフロー

管理者とコンタクトセンターの管理者は、Genesys Dialog Engine Bot Flowsの機能を使用して、Speech Synthesis Markup Language(SSML)サポートを組み込むことにより、テキスト読み上げ(TTS)の再生を変更できます。 このオプションにより、お客様はTTS再生で正しい言語のバリエーションを聞くことができます。たとえば、男性または女性。 U内の性別設定 アクションを伝える それをサポートする言語で。 このオプションを使用すると、TTSの再生を制御できます。