オーディオ シーケンスでの文法的性

Architectは提供します 性別仕様 数値プロンプトのオーディオ再生でサポートされている言語の場合。 特定の性別コンテキストで番号を再生する必要がある場合、Architectには、フロー作成者が実行時にTTSがコンテンツを再生者に再生する方法を指定できるようにするパラメータが含まれます。 有効な性別カテゴリは次のとおりです。

  • マスキュリン: 男性の性別値を示します
  • フェミニン: 女性の性別値を示します
  • 一般: 内容が男性と女性のいずれにも当てはまることを示します
  • 中性: 男性的か女性的な関連付けを持たない中性または生気のない値を示します
  • 記事: 記事が選択した性別と一致しなければならないことを示します

オーディオシーケンスを作成するときにデータ値のこれらの設定を構成します。 [オーディオ シーケンスの編集] ダイアログ ボックスで文法的性が適用されるデータ要素を選択すると、ダイアログ ボックスが変わって追加のドロップダウン リストが表示されます。 次の表では、性別分類設定に適用される状況について説明します。

オーディオシーケンス言語 [性別分類]ドロップダウンリスト Architectの動作
メインシーケンス メインのシーケンス言語で必要かどうかにかかわらず、[性別分類]ドロップダウンリスト 性別分類がメインシーケンス言語に必要でない場合、Architectは構成された設定を無視します。
性別分類が必要な言語の代替シーケンス [性別分類]ドロップダウンリストが表示されます Architectは、言語の代替シーケンス用に構成された性別分類設定に従います
性別分類を必要としない言語の代替順序 [性別分類]ドロップダウンリストが表示されない 該当なし

式の中で、フロー作成者はLanguage.GenderやLanguage.Caseなどの組み込みのLanguage変数からのenum値を使用して、言語に適した性別またはケースを指定できます。 言語コンテキストをサポートする関数オーバーロードは、にあります。 式のヘルプ

オーディオ シーケンス エディターで、特定のデータ再生に適用する言語の文脈設定が利用可能であれば、[オーディオ シーケンスを編集] ダイアログ ボックスのオプションとして表示されます。  例は、次のセクションをクリックして展開してご覧ください:

GramGender

この例を構成するときに、 データ 要素、 スペイン語 (es-米国) 値、性別のドロップ ダウン リストが表示されます。

メインシーケンスを選択すると、この場合は 英語(en-US)同じデータ要素値の[性別]ドロップダウンリストが表示されますが、この言語には性別の設定は必要ないため、Architectは構成された設定を無視します。

最後に、性別の分類が不要な言語でメインシーケンス以外の代替シーケンスを有効にすることを選択した場合、このドロップダウンリストは表示されません。